上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Our varistor made this. Macchiato on top white truffle. Fragrant!

I also don't want to forget such a sense of fun.
スポンサーサイト
パントリーでスタッフが「?」マーク柄の飲み物(缶)を飲んでいたんです。「へぇ~、見たことない飲み物だな~。」と思ってみていると、出てきた液体の色は透明。泡だっていたので、サイダーみたいなもんかな、と思っていました。

そして、先日カルフールで同じものを発見。6本、買ってみました。ところが家に帰って開けてみると、液体の色は茶色、味はコーラのような感じ。「アレ?アイツが飲んでたの、色は透明だったよな?」

なるほど、「?」マークは、中身が「?」ということのようです。
1182322488_photo.jpg

↑広告・・・どう見てもイケテナイお姉さまが手にしているのが、「?」ドリンク。

中身を選べないミステリー缶ドリンク、発売1カ月で350万缶突破

2007-06-20 シンガポール経済新聞

アイデア実現会社アウト・オブ・ザ・ボックス(700 Beach Road)が5月17日より発売している飲料水「エニシング」(Anything=なんでも)と「ワットエバー」(Whatever=どんなものでも)が発売1カ月で350万缶以上を売り上げ、人気商品となっている。

 同缶飲料は中身をあらかじめ選ぶことの出来ない仕様になっており、缶の表面には大きくクエスチョンマーク(「?」)がデザインされている。フレーバーは全部で12種類。「エニシング」と「ワットエバー」の2ラインでかろうじて炭酸飲料か無炭酸飲料かは選ぶことが出来る。「エニシング」は炭酸飲料で種類は 6種類。コーラ、レモンコーラ、アップル、フィズアップ、クラウディレモン、ルートビール。「ワットエバー」は無炭酸で、アイスレモンティー、ピーチティー、アップルティー、ホワイトグレープティー、菊花茶、ジャスミングリーンティーの6種類。

 同社社長のジョナサン・タンさんは「以前からちょっとしたパーティーや何でもない休憩のときに、友人に何か飲み物を出そうと好みを聞くと、決まって『何でも!』『どんなものでも!』といわれて困るので、いっそのことそこからヒントを得て作ってしまおうと思った」と話している。「このドリンクが『ユニークシンガポール飲料』として世界に広がっていくことを期待する」とも。

 同社は元々ゴルフ関連のメディア企業だったが、このミステリー缶ドリンクのアイデアを実現するために飲料メーカーに変貌した。同ドリンクの成功を受けてユニークなアイデアを実現する会社として活動するという。

 希望小売価格は1.2シンガポールドル。国内スーパー、コンビニエンスストア、コーヒーショップなどで発売中。6月29日から約1カ月間開催されるシンガポールフードフェスティバルのオフィシャルドリンクとして指定されている。


公式サイト→Do you want Anything and Whatever?
DSC01858.jpg

「Rhinoceros Brand Cooling Water(ライノセロス ブランド クーリング ウォーター)」

カルフールで発見。最初、見たとき何かの調味料かと思ったんです。中華料理に使う何かかなと。よくわかんないけど、試しに買ってみました。
DSC01859.jpg

この漢字、何て読むんでしょう?尿(オシッコ)でもないし屎(ウンチ)でもないし・・・。牛って書いてあるわりには絵はサイだし・・・。まさか、牛のオシッコ・エキス入りの水?なワケないですよね。容量は、「200ml + 10% = 220ml」。10%、何が入っているんですか!?

職業柄、試飲はたくさんやってきていますけど、ドキドキしながらの試飲は久しぶりでした。色は、無色。クンクンと匂いを嗅ぐと、無臭。味は、「アレ?普通の水じゃん・・・。」

裏の注意書きも読んだんですけど、よくわかりません。

大人・・・1~2本
子供(5~12歳)・・・1/2本
子供(1~5歳)・・・1/4~1/2本

ん~、こんなんが書いてあるってことは、やっぱり薬の一種なのかな?

結論・・・おそらく、熱冷まし水ではないかと。「火照った体をクールダウン!サイ印・牛オシッコ水」と名づけました。
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。