アレッシーの2011年秋冬新作がやっとシンガポールにも上陸。これは、エーロ・アールニオ作のすり鉢。モヒート用にちょうどいい大きさ。深さも十分あり、ゴリゴリしてても中身が飛び出すことなく、スマートにモヒートがつくれるので気に入ってます。離乳食なんかにも使えるかも。

すりこぎが、ギャートルズの骨付き肉の骨みたいでかわいいです。

ALESSI アレッシィ Aroma すり鉢&すりこぎセット AEA04

アラブストリートで見つけた大理石のすり鉢($7)もいいんだけど、やっぱイモくさいんですよね。なので彼はお蔵入り。

アレッシーの製品は、機能性ありきのデザイン美。お値段も張りますけど、さすが!という製品がたくさん。

コンランショップ行きたいなー。


This Japanese glass is Kikatsu / 木勝. Though it has not a dignified-looking like Baccarat, it's very exquisite. And they are very difficult.

Someone say "You should be remembered that the glass is a dress. Don't make mistake to pick out a dress for cocktail."

It means, sometimes I have a hard time which glass goes with which cocktail.

Bartenders have been puzzling over the dress for loved one tonight.
荷物の整理も終わり、新居での生活もやっと落ち着き始めました。ただ、足りないものがちょこちょこっとあったので、日曜日はそれらの買出しの1日でした。

実は、先日お米を炊こうと思ったんですが、軽量カップが無いことに気付き、イケアに買いに行ったんです。ところが単位が250ccの軽量カップしかないんです。「ん~、確か1カップって200cc、もしくは一合180gだったよな~。」と思いつつプラザ・シンガプーラの雑貨屋さんへ。

しかし、ここでも250cc単位の軽量カップしかないんです。どうやらココでは1カップは250ccらしいです。ということは日本製とはいえ、海外仕様の炊飯ジャーなので、この単位が基本なのではないか?と一瞬思ったわけです。2カップお米を入れて、内釜の2のところまでお水を入れて。

炊き上がったお米は、硬くて食べれません。(250ccを基準にお水を入れればいいわけですが、なんかやなんです。)

1合カップが売っているところ・・・、ありました。日系の雑貨屋、ダイソーシンガポールIMMプラザ・シンガプーラビボ・シティー、とシンガポール島内に3店舗もあるんですねー。しかも、日本と全く同じ店内と商品。
CIMG0223.jpg

左がダイソーの一合カップ。これで計量して炊いたところ、硬さバッチリ。美味しく出来ました。

その他にも、タッパー類や、ふきこぼれ防止コトコト君(ステンの灰皿みたいなものをナベに入れておくとふきこぼれない、というもの)、レンジフードカバー(レンジでチンする時に、これでラップいらず)、パスタがレンジで出来る容器(ん~、これはどっかの商品のパクリ?)などなど、チョイ便利グッズをたくさん買ってしまいました。

ただ、前述したように日本の商品そのまんまなんで、こういった便利グッズ、日本語のわからないシンガポーリアンには、「?」なのではないかと思ったりするわけです。英語の説明文があればすごい売れるような気がします。こういったグッズこっちには無いから。ちょっと、もったいないかな?それでも、店内はかなり賑わっています。

ちなみに、商品のお値段は2ドルです。(1シンガポールドル = 76.0551978 円/2007年9月現在)

Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.