上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、パティスリーの石野さんが、「ビスキュイ・ローズ・ド・ランス」を作ってくれましたよ。


フランスのシャンパーニュ地方のランスという町の伝統菓子だそうです。なんでも、これをシャンパンに浸して食べるのが現地流だとか。子供達も、シャンパンはNGだけれど、これをシャンパンに浸して食べるのはOKだそう。

実際やってみたんですが、結構染み込むんですよね、シャンパンが中に。でも外側はカリっとしたまま。そとはカリッ、中ジュワーみたいな。この食感、なかなかのコントラストです。

シャンパンにビスキュイ。オシャレ!

スポンサーサイト
普段、アーモンド、アーモンドって食べてるやつは、実はアーモンドの核だったんですね。知らなかったよー。


生アーモンドの画像。
先日、某先輩の日記に、池波正太郎ばりの文章で冷やし中華のことが書かれていました。それを読んだ途端無性に冷やし中華が食べたくなったんです。

自分で材料買ってつくるのもなんだし、昼外食もメドクサイので、仕事終わりにいつも行くチャイナタウンの「ORIENTAL CHINESE RESTAURANT / 東方美食 」で頼んでみることにしました。朝までやってるので、よくサパーしに行くんです、ココ。
DSC00917.jpg

当然、スタッフはメインランドチャイニーズなので、冷やし中華は知りません。ネットで見つけた冷やし中華中国語レシピを持参。
DSC00918.jpg

とりあえず、それらしいのでいいから作ってください、と完成品の画像も見せオーダー。でも、厨房の人も含めいまいちピンと来てないみたい。タイガービール飲みながら待機。
DSC00919.jpg

「小葱豆腐」

DSC00920.jpg

「肉絲蒜苗」

DSC00922.jpg

「醤爆牛肉」

DSC00928.jpg

「烤五花肉串と烤牛肉串」


そして、できたものがコレ。冷やし中華を知らない中国人がつくる「冷やし中華」!
DSC00929.jpg

どっぷりスープに浸かった冷麺。具は、香菜、きゅうり、チャーシュー、トマト。錦糸卵や紅ショウガはありませんでしたが、タレは甘酸っぱくて、日本のそれに近くて合格!少しスタイルは違うけど、とりあず満足。あ、あと和カラシも欲しかったな。
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。