上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とあるレストランで飲んで美味しかったので、うちでも一本入れてみました。
blog 396

「Duca d'Alba Brachetto d'acqui」 ・・・ Brachetto d'Acqui(ブラケット・ダックイ )はイタリア - ピエモンテ州で造られるDOCGワイン。

赤のスパークリング・ワインです。甘口です。度数7.5度と軽め。綺麗なルビー色。とてもフルーティー、キリっと冷やせばさっぱりとした甘さ。食後のデザートと一緒に飲む、なんてとてもよいと思いますよ。

ここはビターなチョコより、甘いミルクチョコかなー?バニラ・アイスもよさそうですねー。シガーにも合いそうな気がします。

イタリアのレストランでは、2月14日のバレンタインデー、カップル達は、このブラケット・ダックイで乾杯するとか・・・。

あま~い。

「ブラケット・ダックイ [2007] ブライダ」
スポンサーサイト
先週の日曜日は、ウェイククボード部Tぽん部長の誕生日アンドRイ君のプレ誕生日。おめでたいので乗船前に皆で乾杯。


誕生日にはもちろんシャンパン。久々にサーベラージュしました。部長も1本、見事に極めてくれました。

シャンパン・サーベラージュとは、短剣でシャンパンの口の部分を瓶ごとぶった切ってしまう、という素敵なシャンパンの開栓方法です。

(余談:ヴーヴ・クリコがシャンパン輸送の際に護衛として雇い始めたナポレオン戦争後の兵士達。目的地に到着後、賃金の他にシャンパンも褒美として貰うが、丁寧に空けるすべを知らない彼らは、サーベルで瓶の口を斬って飲んでいた。これが「シャンパン・サーベラージュ」の原点だとか。)

一見ムズカシそうですが、実は簡単。瓶のシルエットに沿ってナイフを滑らせる感じで振り切ればOK。口の部分の出っ張りにナイフが自動的に引っかかり、コルクの部分がビンごと切れる(というか折れる)わけです。注意点は、ブツをよく冷やしておくこと。温いままサーベラージュすると、瓶がボディの部分から破裂します。
DSC_1074-(Medium).jpg

船上でシャンパン。セレブっぽくていい感じです。しかも、シャンパン特有の酩酊感。気持ち良いです。

部長、Rイ君、ハッピーバースデー!

(※Rイ君より写真借りました。)

◆シャンパンサーベル (ラギュオール)
昨夜、お友達の誕生日、営業終了後に行ったワイン・バーでドン・ペリニヨン(Dom Pérignon)を開けた。

2000年のニュー・ビンテージ。おそらく、日本では、まだリリースされていないんじゃないかな~?

垂直ビンテージ攻めは、本当にワクワクする。期待と不安の交錯する中、一口目。

「あれ?アッサリ系・・・。」

96、99の味をイメージしていたので、肩透かしを喰らったような感じ。もちろん、悪くないんですけど。95に近い感覚かな。

コイツはおそらく、お客さんの反応も賛否両論、荒れる予感。

これから、うちも2000年に移行していくわけですが、99を買いだめしておく必要がありますね~、これは。
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。