上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Whisky Live Singapore 2011に行って来ましたよ。
DSC00983.jpg

シンガポールでは第2回目の開催。場所は、The Fullerton Bay Hotel。
DSC00985.jpg

昨年より規模は小さくなってましたね。日本のWhisky Liveは、どっちかというと業界関係者とモルト愛好家の一般のお客さん対象のセミナーメインといった感じですが、シンガポールのWhisky Liveは、商品展示試飲会といった感じ。会場にメーカーさんがブースを出し、商品を試飲してもらう形です。
DSC01004.jpg

シンガポールでは後2,3年はこの形で続けたほうがいいように思います。ウィスキーの門戸を開くという意味で、一般のお客さんにもっともっとウィスキーを楽しんでもらい、ウィスキードリンカーの拡大を目指すべきです。
DSC01001.jpg

小難しい薀蓄は、シンガポールのウィスキー市場がもう少し成熟してからでも遅くはありません。
DSC00995.jpg

まずは肩肘張らず気軽に飲んでもらう。このことが大事だと思っています。ただでさえシンガポールはワインにやられ気味だし。
DSC01010.jpg

今回、お友達も誘い、彼らにも参加してもらいました。とても楽しんでもらえたようで、バーテンダーとしては嬉しい限りです。

それにしても酔っ払った後の仕事はキツイ・・・。休みをとっていくべきだなー。



"Whisky Live Singapore 2011"

I went to Whisky Live Singapore 2011 at The Fullerton Bay Hotel. Second Whisky Live in Singapore.

The scale was reduced than last year. I feel more like Whisky Live Japan is aimed at the whisky industries and general whisky lovers. Whisky Live Singapore likes a tasiting event, whisky exhibition.

It would be advisable to keep this a few years in Singapore. Open the whisky world's doors, It should aim to expand whisky drinker.

The technicality knowledge of whisky is not important for Singapore whisky market now. That can wait until whisky market become maturity.

At first, drinking whisky casually. I think, it's important. Already wine holds the field in Singapore.

This time, I invited my friends to this event. It seems they enjoyed lots of whisky. I'm very happy as bartender.

At any rate, It's very tough to work after drunk. I should join after take off work...
スポンサーサイト
15年前、横浜のクライスラーに勤務していた時に、OBの先輩がちょくちょく店に来て飲んでいたのが、ホワイト・ラベルのソーダ割り。最近、巷で流行のハイ・ボールってやつですね。このレンジのブレンデッドの中じゃ、モルティーだし、割ってものびるので、自分も愛飲しています。名前も気に入ってます、「ホワイト・ラベル」。

(昔は今と逆で、デュワーズのほうが下に小さく書かれていたんです。なので年配の方は、デュワーズとは言わずホワイト・ラベルとオーダーされる方が多いですね。)

先日、久しぶりにホワイト・ラベルのメイン・モルト「アバフェルディ」を堪能してきました。
DSC02924.jpg

ここまでファミリーが揃うと圧巻。さすが「Coffee Bar K」。

ソフトでほんのり甘く、スムース。女性にもお勧めのモルトです。ラベルもかわいいんですよ。バカルディ傘下後のリリースボトルも、ラベルにはUDの花と動物シリーズ時代の赤リス君は健在なんです。名前が思い出せない場合は、「赤リスのモルト!」でOK。

久々にウィスキーで二日酔いになりました。だって、NさんとHさんがジャブジャブ注ぐんだもん。



"Aberfeldy"

When I worked at Chrysler Yokohama 15 years ago, Ob had often come to drink White Label with soda. High Ball. It's popularity with the public recently in Japan. White Label is good whisky. It's malty and suitable for with water or soda. Name is also nice. "White Label".

Some elderly man order this whisky by saying "White Labal" . Because this whisky's label had been printed that "White Label" was bigger than "Dewar's" in old the days.

Recently I enjoyed Aberfeldy. It's a main malt of White Label.

That's just what you'd expect from Coffee Bar K. They have all family of this whisky.

Soft, smooth and bit sweet. I also recommend this for ladies. Even after the bottle was released by Bacardi, the red squirrel in era of UD flowers and animalsis is still alive. If you can not remember the name, "red squirrel malt!" Okay.

It's been a while since I got drunk in whisky. Well, that's because H and N pour the whisky after another.
ウィスキーライブが、ついにシンガポールでも開催されました。日本に遅れること10年。常々、シンガポールの飲食業界は日本より10年遅れていると感じていた自分としては、料飲業界、ウィスキー業界の市場の成熟度に非常にうれしく思っています。まさに10年の時間差を経て市場が熱くなってきました。

場所は、それにふさわしいラッフルズホテル。
DSC02730.jpg

実は、日本のセミナー形式とは違い、どちらかというの試飲展示会。
DSC02727.jpg

この盛況ぶりは、今後シンガポールのウィスキー業界が必ず盛り上がることを意味していると思います。
DSC02728.jpg

バーテンダーとしては、嬉しい限りです。
DSC02737.jpg

このあたりのボトラーズものも、自分は初見。日本を離れてたかだか5年ですが、すでに浦島太郎状態。
DSC02742.jpg

La Maisonのブラントン。日本にある?111プルーフもの。(内緒で一本ゲットしたので飲みたい方ぜひ。)
DSC02745.jpg

カクテルブースもでていました。
DSC02740.jpg

この方は、なんでもあの上田和男さんのもとでトレーニングをつんだとかいう(ほんまかいな?)、バーテンダーの方。ゲストでカクテルをメイク。ジャパニーズ・オーセンティック・スタイル風?です。
DSC02743.jpg

インドのウィスキー。実はインドには蒸留所がいくつかあるんですねー。なんかイメージわかないですけど。6大目のウィスキーとなるでしょうか?

こういった大きな規模の展示試飲会は久しぶり。楽しかったです。なによりメーカーさんの「これからシンガポールでウィスキー売ってくぜ。」という熱意が非常にうれしかったです。我々現場の人間が啓蒙するには、まずこんな感じでメーカーさんが、どんどん現場の人間(シンガポールのバーテンダー、サプライヤー達)に啓蒙してくれることが必要です。

第一回のウィスキーライブ・シンガポール、大成功!です、多分。



"Whisky Live Singapore 2010"

Finally, The Whisky Live was held in Singapore. 10 years late than Japan. I thought at all times Singapore's food industry is 10 years behind Japan. I am very delighted at maturity of the whiskey market Food and Beverage industry. After a time lag of just 10 years, Has become a hot market.

The Raffles Hotel.

It's not session like a Japanese whisky live. It's a tasting exhibition.

I think that means that the whiskey industry in Singapore is xcitement in the future.

As a bartender, I'm glad.

I saw first time such a this bottlers whisky. 5 years have passed since I left Japan. Only 5 years, but my state is already Urashima Taro.

Blanton of La Maison. In Japan? The proof is 111. (I got 1 bottle in secret. So if you wanna drink it, let me know.)

There was The cocktail booth also.

This person is bartender who was trained under Ms. Ueda Kazuo (really?). He was making a cocktail as guests bartender.

Indian whiskey. Actually there are some distilleries in India. But I can't image. Can it become world whisky?

This was large-scale exhibition of tasting in a while. It was fun. Above all, the maker says, "Sell whisky in Singapore from now!." I'm so happy by such a passion. If we enlighten whisky to people, at first, it's necessary manufacturer enlighten whisky to bartender and suppliers.

Whisky Live in Singapore was very successful! Maybe...
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。