上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「FHA2006/Asia's Largest International Food & Hospitality Event」、行ってきました。

第一印象は、空いてる、酒類(アルコールメーカーの出展)が少ない、思ったより規模が小さい。

以上、フーデックス・ジャパンと比べた印象です。ま、面白いことには変わりありません。

んでは、ちろちろっと会場の画像を・・・。
CIMG0076.jpg

ご存知、「エスプーマ」。オイラもカクテルに使ってますが、こんなカラフルなものがあるのね。「エル・ブリ」行きたいです。
CIMG0077.jpg

これまた、おなじみ「リーデル」
CIMG0078.jpg

日本の企業も出展しています。つづく・・・。
スポンサーサイト
ここ数日間、家のキッチン&冷蔵庫が使えません。
CIMG0073.jpg

なぜかというと、今シンガポールで行われている「FHA2006/Asia's Largest International Food & Hospitality Event(フーデックス・ジャパンのでかい版といえばわかりやすかな)」の「FHA Culinary Challenge/FHA 料理コンテスト」の日本代表の方々が仕込みで使っているからです。1日10時間以上やってるんじゃないでしょうか?だって自分が仕事に出かける前から始めて、帰って来てもまだやってるから。


FHA 料理コンテストは世界でもっとも有名な国際的な料理コンテスト・・・らしいです。やはり各国にバーテンダー協会ならぬ、コックさんの協会(司厨士協会?)があるんだろうなー。つか仕込み、うちのキッチンでいいのか???


ルールとか何つくってるとか、よくわかりません。あとで詳しく聞いておきます。それでは選手の皆さん、頑張ってください。(ひとり撃沈。只今の時刻AM4:18、お疲れ様です。)
~シンガポール・怪しいブランドシリーズ~
DSC01480.jpg

DSC01482.jpg

チョッキーって・・・。しかもジャイアント・・・。それにしても「巧克力棒」ってなんだろ?強そうだな。
野毛といえば、おでん。なぜかというと、子供の頃よく食べに行ったからです。今考えると親が好きだったんでしょうね。でも、正確には、実際はおでんを食べていないのです。食べた記憶がないのです(実際には何か食べているでしょうけど)。

じゃあ、何をしてたか?というと・・・、タコをしゃぶっていたのでした。なんせ小学校に入る前の幼稚園生のころ、食べきれないんですよね。噛み切れないんです。でも、味がしみててオイシイから頼んじゃう。安上がりな子供です。親はそれだけ頼んでおけばいいんですから。そんな思い出がある野毛ですが、現在なにやらもめているようです・・・。

<野毛大道芸>運営めぐり3分裂「どうなってるの? 横浜

Yahoo News

横浜の名物イベント「野毛大道芸」が今年は三つに分裂した。昨年までの主催団体が運営方針をめぐって内部対立したためで、20年の歴史の中で初の異常事態。22日からの開催を控え、ファンからは「どうなってるの」といった問い合わせが相次いでいる。
 野毛大道芸は横浜市野毛地区の商店主らが街おこしのために86年に始めた。昨春は市内4地区(野毛、伊勢佐木町、吉田町、みなとみらい)の会場で13カ国から集まった延べ600人の芸人が曲芸やジャグリングを披露し、146万人の見物客でにぎわった。
 しかし、みなとみらいなどの新興開発地に比べて発祥地・野毛の衰退は著しく、昨年夏ごろから運営団体の「野毛大道芸実行委員会」内では“回帰派”と“拡大派”が対立するようになった。回帰派は事業の規模を縮小し、野毛地区のみでの開催を提唱。一方の拡大派は他の地区での開催も計画。地域事情も絡み、今年は運営団体が三つに分かれて5地区で開かれることになった。
 3団体とも「内部の事情はお客さんには関係ない」としてポスターやパンフレットの統一も検討したが、イベントの名称などで歩み寄れなかった。結局、今年は「野毛大道芸」「ヨコハマ大道芸」「みなとみらい21大道芸」と三つの名前で開くことに。異なるポスターを見た市民からは「いったいどうなってるの」「どの芸人がどこに出るの」といった問い合わせが連日数十件も各団体に寄せられている。
 昔からの大道芸ファンという神奈川県大和市の警備員、羽賀清伯(きよのり)さん(68)は「野毛の小路でやる昔の大道芸は味わいがあった。分裂がきっかけでイベントがなくなったら寂しいので、一緒にやる方がいいのでは」と話している。


立ち上げ当初は、みな一致団結して目標に進んでいくが、組織が拡大するにつれ、それが維持できなくなってしまう。日本のバーテンダー界も似ているな~。
「ブログ」って誰かに向けて書いているわけでもなかったり、あったり。独り言のようなものであったり、なかったり。

感覚としては、子供の頃に書いた「絵日記」に近いような気がします。

あれって、誰かが見てくれるから、読んでくれるから、一生懸命書いてたのかな?。ただ書いたっていう行動、書いている自分に自己満足してたのかな?

思うとこあって(というか、操作ミスで、記事を全削除してしまいました・・・)、あらためてゼロからブログを書いていこう思います。
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。