上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC00009.jpg

自分が一番最初に勤めたバー「オーシャンバー クライスラー」は、横浜の福富町にあります。オープンは1950年(昭和25年)。おそらく全国でも5本の指に入る歴史を持つバーでしょう。写真は、飲みかけのカンパリソーダ。グラスは、お店のロゴが入ったオリジナルグラス。

当時はバーテンダーとい仕事がどういう仕事かもよくわからず、ただ社長の圧倒的なキャラクターの前に、わけもわからず勧められるがまま社員になってしまったのです。約10年前、面接のとき社長は70才くらい、硬派で豪傑なオーラがビンビン出ていて、なんてジイさんなんだ!と思ったものです。

エピソードをいくつか・・・

○お店まで原付で通っているオイラに「ハーレー(社長は全日本ハーレーダビットソン・オーナーズ協会会長。)好きか?もし買うんだったらオレに言え。ナンバープレートの数字は、お前の好きな数字でとってやる。」、コネがあるのだかなんだか知りませんが、電話1本で、陸運局のコンピューターをストップさせることが出来る、なんて噂されていました。

○お店はビルの2階にあるのですが、その上の3階に倉庫がにあって、そこにはお酒に関する様々なグッズが眠っているのです。その量と種類ハンパじゃありません。たまに掃除をするのですが、あるとき何かのトロフィーが出てきたのです。よく見ると「沢村 忠」!!!えッ?!これって、あのキックの鬼・沢村 忠???
社長:「あー、沢村のか。」、と一言・・・。実は社長、その昔、日本キックボクシング協会(現在この団体はありません)の会長だったんです。

○お店は壁一面、ボトルが飾られていて、現在では入手不可能な貴重なボトルがいくつもあります。また、社長が買い集めているので少しづつその数は増えていきます。新しいボトルは、どこの棚へ飾るか?それは社長が決めるのですが、ある時、社長とママ(社長のおくさん)と自分で、飾りを行っていたときのこと。上の方の棚にボトルを飾るため、脚立に乗ろうとする社長、それを支えているママ、ボトルを持っている自分。社長が脚立の上に立ち、「オイ、そのボトルこっちへよこせ。」、と言った瞬間、脚立を支えているママの手が滑って、一瞬ガタッと脚立が揺れ、社長もバランスを崩しかけたのです。といっても、ほんの少しゆれただけなんですけど。
社長激怒。「このブタ!もういい!下がってろ!」、ひぇ~、フツー自分の女房に正面切って「ブタ!」って言えるか~?ママはママで「はい。すいませんでした。」、だって。恐るべし大正生まれ。

○ママと雑談していたときのこと。横浜で何かのパレードがあると、ハーレーのチームで連なって走るらしいんですけど、その時社長はご自慢のサイドカーで一番前を走るそうなんです。
ママ:「でも、私なんかぜんぜん乗せてくんないのよ。」
社長、真顔で:「当たり前だろ!オレの横にババアなんか乗せねーんだよ!」、カッチョイ~。オイラも言ってみた~い。

○何十年も通っている常連さんからの話。「まだ若い頃、背伸びしてかっこつけて(社長がキライなタイプ)店に来たんだけどさ、ビール頼んだら出してくんないんだよ(まだ社長自らカウンターの中に入っていたとき)。そしたらオヤジ『ウチはカクテルの店だ!ビールなんか出さねーんだよ!』、ものすごい怖い顔で言われちゃってさー。」、って昔からビール置いてあるし・・・。

などなど。

今回は、社長、ママには会えませんでしたが、当時お世話になったチーフが、10年前と変わらずの調子で出迎えてくれました。

「行けば、そこにいる。」、という安心感を飲み手に与えるのも、バーテンダーの重要な要素かもしれません。

銀座支店の紹介ページ→「オーシャンバー クライスラー」
スポンサーサイト


「Trentaine(トランタン)」

自分の中で、憧れのバーテンダー、というのが何人かいるんですけど、このカクテルは、その中の1人N氏のオリジナル作品。今回2泊3日で日本へ一時帰国したのですが、このカクテルを飲むというのも、今回の一つの目的でした。

N氏は独自のワールドを持っていて、そこに迷いはありません。(バーテンダー皆持っているといえば持っていますが・・・。)おそらくこの人は、バーテンダーとは何か?という問いに自分の哲学をズバッと答えることが出来る人だと思っています。

当時、鼻を垂らしながらバーで働いたときに、N氏の指示で、たまにカウンターの中でシェーカーをふらさせてもらう機会を与えられました。その時、彼は決まってこう言うのです、「本日のメインステージへどうぞ。」

「カウンターの中に入ったならば、全ての立ち振る舞いをお客さんに見られている。ステージにあがった以上、一瞬たりとも気を抜いていけない。時間までしっかり勤め上げろよ。」
その一言にそんな様々な思いが込められているような気がして、緊張しつつも、気合が入ったものでした。

カクテルのレシピは・・・「カクテルへの招待状・第31楽章(最終楽章)『トランタン』」より

『このカクテルは、私が1993年、第18回H.B.Aカクテルコンペティション スイートの部で準優勝を受賞した作品で、ホテルオークラ東京が開業 30周年にあたり、また私がその年30才ということでフランス語の30を意味する「トランタン」とネーミングしました。飲むデザートをイメージして作ったこのトランタンは、ブランデーの香り高い風味にアマレットの甘酸っぱいあんずの香りがほど良く合い、大人のための飲むデザートに仕上がっています。
 木枯らしの吹く秋を彷彿とさせるその見た目は、シックでエレガントな印象。グラスの縁のチョコレートが唇の上で溶け、口の中で広がる甘さとなめらかな口当たりが寒い夜にぴったりなカクテル。カップルで二人の記念日に乾杯を。

<レシピ>
ブランデー 30ml
アマレット 30ml
生クリーム 15ml
卵黄 1/2個分
<デコレーション>
チョコレートパウダー(スノースタイル)

チョコレートパウダーは、ご家庭にあるチョコレートなら何でもOKです。予めペティーナイフでパウダー状にして少しグラニュー糖を加えておけば完璧です。クリームでグラスのエッジを湿らせ、チョコレートでスノースタイルに仕上げます。作り方は(1)から(4)をシェーカーに入れ、強くシェイクします。カクテルグラスに注いで出来上がり。』

30歳になったら、本人につくってもらって飲もう!と思っていたのですが実現できず、1年遅れになってしまいましたが、今回無事飲むことが出来ました。やはり作り手の想いが入っている作品は感動を与えてくれます。
「ちょっと一杯飲みに行かない?」とボス。なんでも、ご近所のバーで「ぶどう海老」ってやつが手に入ったから食べに来ないか?というお誘いの電話があったそうで。

早速、仕事終わりにお邪魔していただきました。今朝まで生きていたというこの海老。もちろん刺身で食しました。なるほど、色がぶどう色なので「ぶどう海老」。

味とか香りがぶどうなのかと思ってました。渡されたぶどう海老の薀蓄パンフレットにも、「※ぶどうの味はしません。」と出ていました。当たり前か・・・。

味は、とても濃厚で甘みもバッチリ。醤油よりも、塩だけで食べた方が良いようです。この時は、どこかの国(海老に夢中で忘れました)のシャルドネと合わせましたが、海老自体は多少濃厚な白でも負けないくらいの味です。

日本で、「どっちの料理ショー」の食材の一つに使われて有名になったそうです。自分も今回初めて、その存在を知りました。スタッフがしきりに希少価値をアピールするので、日本でも手に入らないんだろうな~、なんて思い帰ってからネット検索するとありました。

幻の割にはネットでも買えるじゃんよ!(シンガポールでは、確かに口にするのは難しいかも)ここで海老ちゃんの画像も見れます。→【幻のぶどう海老(エビ)(北海道 羅臼)は数量限定!】

世の中には、自分の知らない食材がいろいろとあるんだなぁ~、と思う今日この頃でした。
シンガポールでは、エスカレーターが止まっていることがよくあります(日本と比べてね)。

自分が、週3,4回買出しに行くローカルスーパー(スーパーは2階)の入店しているビルのエスカレーターも、よく止まっています。5回に1回は動いてません。

その日も、「今日は動いているかなぁ~?」と、思いつつエスカレーターへ・・・。

「あっ、止まってるし・・・。ダルッ・・・。」

ふと、そこで目に入ったのがコレ!


コレって、アレだよね!?改めて考えてみると・・・。

人(自分)が乗る前に止まっているのはまだ許せますが、人(自分)が乗っている最中に止まったりしているのであれば、これはものすごく危険だし、あってはならないことです。

現に、一度、地下鉄構内のエスカレーター(そのときは動く歩道:水平方向の動き)に乗っている途中、止まったことがありました。水平方向だったので、将棋倒しのような惨事には至りませんでしたが、これが、下りのエスカレーターだったら、かなり危険です。

シンガポール、今まで、そういった事故は無いのでしょうか?
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。