上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘルメット収納場所で1歳窒息死、死体遺棄の母親ら再逮捕

6月27日21時18分配信 読売新聞

大阪府能勢町の山中に峯松優ちゃん(当時1歳)の遺体が遺棄された事件で、府警豊能署の捜査本部は27日、母親の再婚相手の無職田宮元貴被告(22)(死体遺棄罪で起訴)を殺人容疑で、母親の美香被告(21)(同)を監禁致死容疑で、それぞれ再逮捕した。

 調べによると、元貴被告は1月31日午後、同府豊中市の自宅駐車場で、優ちゃんをバイク座席下のヘルメット収納スペースに入れて近くのパチンコ店に出かけ、そのまま近くの歩道に放置して窒息死させた疑い。

 元貴被告は「パチンコの途中、4回目に様子を見に行った時には死亡していた。死ぬと思わなかった」と容疑を否認しているという。

 美香被告は、元貴被告が優ちゃんを座席下のスペースに入れてパチンコに行くのを知りながら、制止しなかった疑い。美香被告も「(元貴被告が)『時々様子を見るから』と話していたので、大丈夫だと思った」と否認しているという。


親バカはまだ許せても、バカ親は許せません。なんだか、溜息しかでません・・・。
スポンサーサイト
シンガポール航空でのカクテル講習、無事終わりました。

チャンギ・ビレッジにあるシンガポール航空のトレーニングセンターで行った今回の講習。ウキウキで行ったんですが、受講する皆さんは、ビジネス・クラス、ファースト・クラスのフライトアテンダントの方々。年齢層も非常に高く、半数以上がスチュワート(男性)でした。料飲に関するサービスを指導する、エアソムリエという方たちが主だったようです。

トレーニングセンターは、かなり大きく立派な建物で、厳重なセキュリティーがしいてあります。館内ですれ違う女性は、みんなキリっとしたお化粧でスタイルがよい方ばかり。これが、機内であのユニフォームを着ると、より一層映えるわけですね~。なんでも、採用基準に体重制限があるとるか、ないとか・・・。
DSC02104.jpg

お土産でもらった、ボーイング777(B 777-300ER)の500分の1の模型。
今日は、今からシンガポール航空のフライトアテンダント(エアソムリエ)の皆様へのカクテル講習に行ってきます。

緊急事態発生です。来て行こうと思っていた、スーツがピチピチなんです。こんなの着て、シェークしたら、ビリッと破けます。

こっちに来て、着る機会がなかったんですけど、まさかここまで成長しているとは・・・。
DSC02098.jpg

マラスキーノ・チェリーを発注したら、ものすごい大きい瓶のが来ました。
キノコ類はあまり好きではありません。先日、スタッフが食べていたお菓子に、キノコの写真が・・・。「何それ!?気持ち悪いな~。」と思って見ると、
DSC02090.jpg

「牡蠣キノコ(オイスター・マッシュルーム)」のスナック菓子でした。ヒラタケ、日本ではシメジとして流通している(本当は別物)キノコ。ちなみに、キノコの「コ」が、「ユ」になっちゃってます。
DSC02092.jpg

「こんにちは繊維」って・・・、微妙です。
DSC02091.jpg

間違ってはいないけど、面白い日本語訳です。スタッフが食べ終わった後に発見したので、味見は出来ませんでした。
バーガーキング6年ぶり再上陸、新宿に1号店オープン 

6月8日13時34分配信 読売新聞

世界第2位のハンバーガーチェーン、米バーガーキングが8日、日本に再上陸し、東京・西新宿に1号店をオープンした。

 今後約3年で首都圏を中心に50店の出店を目指す。

 同社は再上陸にあたって日本人に人気が高い「てりやき」風味の特大バーガー「テリヤキワッパー」(税込み390円)を販売する。日本マクドナルドも8日から、大型バーガー「メガマック」の兄弟商品「メガてりやき」(同330円)を発売しており、国内ハンバーガーチェーンの「てりやき戦争」が激化しそうだ。

 バーガーキングは1993年に日本に出店したが、デフレによる低価格競争のあおりで2001年に撤退しており、再上陸は6年ぶり。初日は午前10時の開店前から約700人以上の若者らが行列を作り、久しぶりの味を楽しんでいた。

DSC02085.jpg

バーガーキングが復活だそうで。バーガーキングといえば、あまり良いイメージはなかったんです。

当時、横浜・伊勢佐木町にあった森永ラブ。学生だった自分はよく通ってたんですが、ある日バーガーキングに変わってしまったんです。中途半端にアメリカンチックな内装、味は大味。「これは絶対、日本では流行らん。」というのが最初に行ったときの感想でした。案の定、程なくして撤退。

しかし、実はシンガポールにはたくさん店舗があるんです。バーガーキング。マックとバーガーキングが2大勢力、モスが少々って感じでしょうか。

以前、久しぶりにと思ってワッパーを食べたんですが、別に不味くなかったんです。「アレ?昔はもっと大味で不味かったような気がしたんだけど・・・。」

自分の味覚が変わったのか、バーガーキングの味が変わったのかはわかりませんが、今では普通に利用しています。何はともあれ、バーガーキング・ファンのためにも、今回の日本復活、頑張って欲しいものです。個人的には、テリヤキワッパーが気になるなぁ~。
DSC02086.jpg

ちなみに、今こっちのキッズ・ミールにはトランスフォーマーのオモチャがついてます。
「醸し人九平次」という日本酒を飲みました。
10-06-07_0319.jpg

ワインの本場フランスでも認められ話題になっているようです。アラン・デュカスの傘下の店のワインリストにも載っているとか。

プライドが高いというか、スノビッシュというか、そのフランス人が認めるってことは、(しかも酒に関して)よく考えるとすごいことですよね。

確かに、このお酒は、ワインのような自然なフルーティーさがあります。そこが気に入られたのでしょう。フランス人が、良質の日本酒をいままで飲んだことがなかったのかってのもあるんでしょうけど。
先日、発注したウィスキーを検品していると見慣れないものが。ジョニーウォーカー・黒を頼んだはずなんだけど、変な箱に入っているんです。

「また、なんか違うの持ってきちゃったか~?」

でも、よく見てみると確かにジョニーウォーカー・黒。車の絵が描いてあって、リミテッドとあるんです。
DSC02070.jpg

シンガポールのF-1開催の記念ボトル?とも思ったんですけど、ジョニーウォーカーはマクラーレンのスポンサーだったんですね。その記念ボトルのようです。

そういえば、マールボロ時代の赤と白構成が終わり、2006年の車体のカラーリングは、銀色メタリック調。このジョニーウォーカー・黒も、ご覧の通り箱(アルミ製?)は銀色、ボトルも、通常金色が使われる部分が銀色になっています。

この「ジョニ銀」、レアなのでしょうか?それとも別に~って感じなのか・・・。個人的に何本かキープしておこうか迷っています。

これからドバっと市場に出回るんだったら、そんなに急がなくてもかよいかな~。日本はどうなんでしょう?
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。