アジア地域のカクテル大会-カクテル部門でシンガポール人が初優勝

2008-08-25 シンガポール経済新聞

アジア地域で最も優れたバーテンダーを決定する「アジア・パシフィック・バーテンダー・オブ・ザ・イヤー・カクテルコンペティション2008」の決勝戦が 8月20日、グッドウッドパークホテル(22 Scotts Road、TEL 6737-7411)で行われた。主催はシンガポール・バーテンダー協会。

 同大会は、カクテルの材料となるリキュール類やジュースを用いたオリジナルカクテルのアレンジ能力、供し方、味の3点を評価するクリエーティブ・カクテル部門と、ボトルを用いたアクロバティックな演技で観客を楽しませるエンターテインメント性と、曲芸を披露しながら作ったオリジナルカクテルの味を評価するフレアテンディング部門から成る。

 今年はイタリアやスウェーデンなどヨーロッパの地域を含む15カ国から32人のバーテンダーが参加し、20日に決勝が行われたカクテル部門には日本人バーテンダーの荒井成次郎さんを含む6人のバーテンダーが、フレアテンディング部門には4人が、それぞれ出場した。

 カクテル部門では、シンガポールのアレックス・タンさんが優勝を果たし、賞金1,000シンガポールドルを獲得。シンガポール人のバーテンダーが今大会で優勝したのは18回目となる今年が初めて。フレアテンディング部門での優勝者はマイケル・ジャクソンさんの曲をバックにダンスとパフォーマンスをしながらカクテルを作った、台湾人のクー・ユンイーさんで、同じく1,000ドルが贈られた。

 バーテンダー歴5年、エメラルド・グループ所属のタンさんは「シンガポール人のバーテンダーがこの大会で優勝したのは初めてなのでとても驚いている。2009年のインターナショナル・カクテル・コンペティションに参加できるので、上位3位に入りたい」と意気込みを語る。

 タンさんの優勝作品「ダーク・エンジェル」はマンゴー風味のウォッカ、リンゴとクランベリーのジュースをベースに、ブルーキュラソー、桃のリキュール、洋ナシのシロップを加えたカクテル。金箔を散らし、仕上げには大根で作った天使のモチーフを添えている。

 毎年同時期に開催される、シンガポール国内のトップバーテンダーを選出する「ナショナル・カクテル・コンペティション」のクリエーティブ・カクテル部門でも優勝したタンさんと、フレアテンディング部門で優勝したジェームス・バンドリルさんは、来年ドイツのベルリンで行われる世界大会「インターナショナル・カクテル・コンペティション2009」に出場する。


アレックス、おめでとう!
blog 358

「シャトー・ピション・ロングヴィル コンテス・ド・ラランド 2001」

「スーパーセカンド」の中でも、かなりのクラスに入る1本。ヴィンテージは2001年。10年は軽く熟成できるといわれているこのワイン、十分美味しかったですが、まだまだいける感も感じました。

滑らかな柔らかさの後にある力強さ。このバランスは絶妙です。これなら、例え肉料理でも、つい白やシャンパーニュに走りがちな(暑いからね)シンガポールのフレンチでもあわせてみても良いかな?と。
おフランス産ハーブリキュール「ベネディクティンDOM」。先日オーダーしたこのお酒、箱に入ってやってきたのですが面白いものを見つけました。
blog 357

日本では、外箱はない(見たこと無いので多分)のですが、こちらでは使われているハーブの種類が箱に記されています。アジア(中華圏)輸出向けのためか、表記に中国語が。
blog 356

鼻血草。どうやらレモンバームのことを中国ではこう称するようです。

“中国では、リュウマチの知覚麻痺、吐血、鼻血出血および皮膚の掻痒に民間的に用いている。”ですって。

ん~、ダイレクトなネーミング、というかむしろ鼻血出そうなイメージです。
例のごとく、日曜日はウェイクボード。この日は、男子5人でワイワイと楽しくウェイク。

一度やったギックリ腰がクセになっているようで、バッシャーンと大ゴケすると腰にビキーンと痛みが走ります。ギックリの「ギッ」くらいの度合いです。ライディング中一度その転び方をしてしまうと、その後はビビってしまって、こじんまりと滑るだけになってしまいます。今日も、後半そんな感じでした。
wake 135

終了後は、Tぽん部長の家で晩御飯&ウェイクボードDVDでイメトレ。
Image000.jpg

見てると自分も出来そうな感じがしないでもないんですけどね。プロの滑る勇姿は、技もさることながら、画的にもキレイで見ていて楽しいです。
Image002.jpg

その後は、なぜか船上で話題になったエヴァンゲリオン(見てない自分は、一人だけ話題についていけなかったので、上映会をしていただきました)。日曜の夜、いい歳した野郎5人がアニメってのもどうかと思いましたけど、これが面白い!(10年遅いです、はい。)

さらに、「コレを見て勉強しなさい。」ということで、DVDをがっつり借りて帰宅。今からぶっ通しで見ます。

NEON GENESIS EVANGELION DVD-BOX
劇場版 NEON GENESIS EVANGELION - DEATH (TRUE) 2 : Air / まごころを君に
【シンガポール】シングテル、22日にiフォン3G発売
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080813-00000003-nna-int

8月13日8時0分配信 NNA

通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)は12日、米アップルの携帯電話「iフォン3G」を今月22日に発売すると発表した。英トムソン・ロイターが伝えた。
 
 同社は5月、海外の複数の系列会社とともにiフォン3Gを正式販売すると発表。6月には年内の発売を目指すとしていたが、具体的な発売時期には言及していなかった。オーストラリア子会社のオプタスは6月にiフォン3Gを発売すると発表。7月に販売を開始している。
 
 iフォン3Gはアジア太平洋地域では7月、日本や香港、オーストラリアなどで発売された。全世界では現在、米国を含め25カ国・地域で販売されている。アジアでは今後、シンガポールやインドなどで順次発売される。
 
 このほかシングテルは、中東と中央アジアへの投資を検討していると明らかにした。計画はまだ初期段階としている。


シンガポールにもやっときました。買っちゃおうかな。
昨日の日曜日、やっとこさ注文していたマイ板(ウェイクボード)が無事到着しました。
wake 001

板、ビンディング、ライフジャケット、ケース。早速、Tぽん部長にビンディングをセッティングしてもらいボートへ。

何事も形から派の自分は、板のメーカーに合わせてビンディング、ライフジャケットを選択。全く試着をしないでのオーダーだったので若干の不安はありましたが、共にサイズ、ピッタリ。よかったです。
wake 002

HYPERLITE(ハイパーライト)「Era」というモデルです。ビンディングもHYPERLITE(ハイパーライト)「Era」

ちと問題なのが、ライフジャケットの浮力。これもただ単に形で選んだわけですが、あまり浮かないんです。“救命胴衣です”チックなのはイヤだったので、比較的薄手のぴったりしたヤツを選んだんです。皆着てて、カッコヨイなと思っていたので。

こういうのをR男くん曰く「男前ジャケット」と呼ぶらしいです。「男前ジャケット=浮かない」といのが定説らしく、以前より水を飲む回数が増えました。

何はともあれ、2本目終盤にTぽん部長のアドバイスにより、初の2ウェイク・ジャンプに成功(一回だけ)。長い道のりでした。
wake 004

ウェイク終了後は、皆でWee Nam Kee Hainanese Chicken Rice & Restaurantでてんこ盛りの鶏を食べて帰宅。
wake 003

お疲れ様でした。
地獄の門が開かれて、幽霊たちが街を歩き回る、というハングリー・ゴースト期間中のシンガポールです。いわゆるお盆です。街のいたるところにお供え物が置かれています。結構、真面目な行事らしく、信心深い人たちは、この時期、夜歩きはしません。

昨日、早い時間のアイドルタイム。

新人バーテンダーNくん:「シンガポールの心霊動画ですごい怖いやつがあるんですよ。エレベーターの監視カメラに映ったお婆さんの霊。ちょっと見てみます?」

私:「見ません。そんなの見たら、帰りのエレベーターめちゃ怖いでしょ。一人で乗らなきゃいけないんだし。」

Nくん:「見てくださいよ。すごいですから。You Tubeで“singapore”で検索すると一番最初に出てきますよ。」

私:「・・・。ん~、見ちゃおっか。」

iTouchを取り出しチェック。


場所は、ラッフルズ・プレイスのエレベーター。右下の画面。1分30秒あたり。

Nくん:「怖くないっすか?」

私:「ん?なんかハッキリ映りすぎじゃねーの、これ。」

フェイクの匂いがプンプンするので、調べてみるとやはりフェイクでした。

なんでも、THE GNP GROUPのMcCann Worldgroup Singaporeという人材コンサルタント会社がつくった企業宣伝広告なんですって。

「あんまり、夜遅くまで働いちゃダメよ。」ってメッセージらしいです。フェイクでよかった。

Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.