上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カジノ、さっそく行ってきましたよ。リゾート・ワールド・セントーサ(Resorts World Sentosa)
DSC02625.jpg

中は撮影禁止。シンガポーリアンとPRホルダー(永住権保持者)は、入場料$100。自分はEPなのでタダ。

入り口でチロっとしかパスポートを見ないので、PRホルダーも全然タダで入れるじゃん、と思ったら、退場時に抜き打ちチェックがあるらしく、バレタ場合罰金$1,000!すでに捕まった人が多数いるようです。

「大小」を少し打ちました。ようはサイコロ賭博です。そこそこ進行も早く、アジアっぽいので、このゲームは好きです。

大陸からの中国人が多いせいか、テーブル上は中国語が飛び交います。一番レートの低い卓でしたが、背後から$50ドル紙幣40枚($2,000)が両替のため、無造作にボサっと卓に置かれたりすると、小市民な自分はちょっとびびります。

マカオのように、広東語の怒号飛び交う鉄火場となるのも時間の問題でしょう。

24時間営業。遊び場が一つ増えました。

(※建築デザイナーのビッグボスから聞いた、同リゾート・ワールド・セントーサ(Resorts World Sentosa)内に出来たユニバーサル・スタジオ・シンガポールの裏話。USS、スゴイことになってるようです。

・ジェットコースターは、コーナーのレールの溶接処理が甘く、レールがガタガタ。一周して帰ってきたコースターの車輪はバーストしたかのようボロボロに。

・同施設内の人工運河を周る1台15万ドルのボート。ドイツで造らせ32隻を購入。幅が運河より大きく収まらず。造り直し。

・スプラッシュマウンテンのようなアトラクション。ボートは、急勾配を勢いよくダイビング。ズブズブズブっとそのまま腰上まで浸水。

・ウォーター・ワールド。颯爽と水上スキーで滑走。閉まっているゲートにぶつかる瞬間、バーンッ!とゲートが開き、そこを潜り抜けるシーン。何回に一回ゲート開かず。スタントマン「やりたくない!」とぼやく。)



"CASINO"

I went straight to the casino. Resorts World Sentosa.

Shooting is prohibited in the casino. Shingaporian and PR holders (permanent resident) have to pay $100 for the admission fee. I'm EP holder, so free!

Inspectors only glance at passport at the entrance. So I thought PR holder also free admission fee.

However, when you exit casino, sometimes they conduct short notice inspection. If you got caught, you have to pay $ 1,000 as fine! They say many people already arrested.

I played "Big or Small". It's a dice. This game's progress is so-so faster, and like Asia, so I like this game.

Perhaps because many Chinese from the mainland, so the Chinese flurry on the table. I was playing on the most low-rate table. I'm a petit bourgeois, so when somebody slap $ 50 dollar bills, 40 pieces ($ 2,000) on the table for the exchange, I freak out.

This place will become a matter of time as gaming room Macau flurry of Cantonese roar.

24 hours a day. Now I had one more play spot to look forward to.

((※ Heard from my big boss architectural designer, back story of Universal Studio Singapore build in Resorts World Sentosa. USS supposed to seem hot.

・Roller coaster, slipshod welded rail. So rickety rails. Roller wheel is round and came back, it was as like a burst tire.

・Boat to cruise the canals in the facility costs $15,000. 32 ships built in Germany. Larger than the width of the canal. Make again.

・Such as, Splash Mountain attraction. Boat is a steep dive with great force, and flooding above back level.

・Water World. Gliding by water skiing. Hit the gates are closed, Bang! At that very moment open the gate and pass through there. Sometimes do not open the gate. Stuntman grouch "I don't want to do..." . )
スポンサーサイト
DSC02613.jpg

デンプシー・ロードのインド料理屋というかカレー屋、「Samy's Curry(サミーズ・カレー)」。

デンプシーでは、ちょっと異色で、大衆食堂といった感じの店。移転は何度かあるものの50年以上続いてるお店らしく、シンガポールじゃ老舗の類にはいるお店でしょう。
DSC02617.jpg

ここでカレーを選びます。といえよくわからない場合はフィーリングで。
DSC02615.jpg

ソースポットは、バケツ。お洒落ですね。
DSC02618.jpg

マサラ・チキン。
DSC02619.jpg

野菜カレー。
DSC02620.jpg

カリフラワーの揚げ物。
DSC02621.jpg

ビリヤニ・ライス(インド・炊き込みご飯)。
DSC02622.jpg

マンゴー・ラッシー。ここのは美味しい!

特別サービスがよかったり、店員が(もちろんインド人)笑顔で接客してくれるわけでもないですけど、カレー好きの方にはいいんじゃないでしょうか?

何がインドっぽいって、ウェイターが皆PDAで注文をとるところかな。



"Samy's Curry in Denpsey Road"

Samy's Curry is traditional India curry shop in Dempsey Road.

Samy's is little unique eating place among Dempsey Road. Well, actually doughnut factory. However, Samy's has been in business over 50 years in Singapore. Well-established!

There is many kind of curry here. You can choose it. Don't know well? You choose curry you felt something click inside you.

Sauce pot is a bucket. It is fashionable isn't it?

Masala Chicken.

Vegetable Curry.

Fried Cauliflower.

Biryani Rice.

Mango Laasi. Really good!

It's especially not even good service, and waiters gives service without smile. But, Samy's is good for curry lover's. Sure.

What is India like that? That's about all the waiters take orders on PDA.
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。