上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
五反田に「原価バー」-入場料1,500円以外は全て原価で提供
http://shinagawa.keizai.biz/headline/1293/

2011年05月23日 品川経済新聞

◆ JR五反田駅西口近くに3月7日、ダイニングバー「原価BAR」(品川区西五反田2、TEL 03-6417-9909)がオープンした。

 入場料1,500円を支払うと、メニューは全て原価で提供する同店。料金は前払いで、生ビールを90円~から提供する。経営を手掛けるハイテンション(同)の横山信夫社長は元五反田のバー「リベロ」のオーナーバーテンダー。「安売りだけは絶対嫌だったが、1杯2,000円のドリンクが売れる時代でもない。財布を気にして飲んでほしくなかったし、お酒の飲み方や種類も含めて楽しみ方をもっと多くの方に知っていただきたいと思った」という。店舗面積は25坪で、席数は40席。

 開店4日後に東日本大震災。「さすがに震災後1週間は客足ゼロ。その後は、名前のインパクトで偶然入ったお客さまが、別の方を連れてきてくれるなど顧客満足度は高い」と振り返る。

 メニューは、「クリアアサヒ」(2分の1パイント90円、1パイント180円)、国産ウイスキー(120円~)、シングルモルトスコッチウイスキー(120円~)、カクテル(シングル90円~、ダブル180円~)などのほか、世界一安いという「ドラフトギネス」(同210円、同420円)なども。

 料理も「原価」で提供。「自家製ローストビーフ」(300円)、「手間暇かけた自家製ビーフジャーキー」(210円)、バーニャカウダ風「ステックサラダ 」「自家製カレーライス」(240円)などを用意する。「値段の感覚で少量だと思われる方が多いが、どれもボリュームがあるので皆さん驚かれる」。

 横山さんは「お客さまは、飲めば飲むほどお得なシステム。もともと回転率を上げて利益を上げようと考えていたが、滞在時間は長い。あまりせき立てることもしたくないので、今後の課題として考え中(笑)」と話す。「『原価バー』の商標登録を取ったので、2~3店舗は出店していきたい」と力を込める。

 営業時間は17時~翌1時。日曜定休。



バーテンダーはその定義を各々が持っています。なのでこの件について語り合うと結構熱い議論になったりします。でもそれは、あくまでバーテンダー業が生業(なりわい)として成立していることが前提。

今日日本の料飲業界はここまで厳しいのか・・・。我々の付ける付加価値ってなんだろう?

こういったお店の出現、かなり考えさせられます。
スポンサーサイト
Whisky Live Singapore 2011に行って来ましたよ。
DSC00983.jpg

シンガポールでは第2回目の開催。場所は、The Fullerton Bay Hotel。
DSC00985.jpg

昨年より規模は小さくなってましたね。日本のWhisky Liveは、どっちかというと業界関係者とモルト愛好家の一般のお客さん対象のセミナーメインといった感じですが、シンガポールのWhisky Liveは、商品展示試飲会といった感じ。会場にメーカーさんがブースを出し、商品を試飲してもらう形です。
DSC01004.jpg

シンガポールでは後2,3年はこの形で続けたほうがいいように思います。ウィスキーの門戸を開くという意味で、一般のお客さんにもっともっとウィスキーを楽しんでもらい、ウィスキードリンカーの拡大を目指すべきです。
DSC01001.jpg

小難しい薀蓄は、シンガポールのウィスキー市場がもう少し成熟してからでも遅くはありません。
DSC00995.jpg

まずは肩肘張らず気軽に飲んでもらう。このことが大事だと思っています。ただでさえシンガポールはワインにやられ気味だし。
DSC01010.jpg

今回、お友達も誘い、彼らにも参加してもらいました。とても楽しんでもらえたようで、バーテンダーとしては嬉しい限りです。

それにしても酔っ払った後の仕事はキツイ・・・。休みをとっていくべきだなー。



"Whisky Live Singapore 2011"

I went to Whisky Live Singapore 2011 at The Fullerton Bay Hotel. Second Whisky Live in Singapore.

The scale was reduced than last year. I feel more like Whisky Live Japan is aimed at the whisky industries and general whisky lovers. Whisky Live Singapore likes a tasiting event, whisky exhibition.

It would be advisable to keep this a few years in Singapore. Open the whisky world's doors, It should aim to expand whisky drinker.

The technicality knowledge of whisky is not important for Singapore whisky market now. That can wait until whisky market become maturity.

At first, drinking whisky casually. I think, it's important. Already wine holds the field in Singapore.

This time, I invited my friends to this event. It seems they enjoyed lots of whisky. I'm very happy as bartender.

At any rate, It's very tough to work after drunk. I should join after take off work...
先日、某先輩の日記に、池波正太郎ばりの文章で冷やし中華のことが書かれていました。それを読んだ途端無性に冷やし中華が食べたくなったんです。

自分で材料買ってつくるのもなんだし、昼外食もメドクサイので、仕事終わりにいつも行くチャイナタウンの「ORIENTAL CHINESE RESTAURANT / 東方美食 」で頼んでみることにしました。朝までやってるので、よくサパーしに行くんです、ココ。
DSC00917.jpg

当然、スタッフはメインランドチャイニーズなので、冷やし中華は知りません。ネットで見つけた冷やし中華中国語レシピを持参。
DSC00918.jpg

とりあえず、それらしいのでいいから作ってください、と完成品の画像も見せオーダー。でも、厨房の人も含めいまいちピンと来てないみたい。タイガービール飲みながら待機。
DSC00919.jpg

「小葱豆腐」

DSC00920.jpg

「肉絲蒜苗」

DSC00922.jpg

「醤爆牛肉」

DSC00928.jpg

「烤五花肉串と烤牛肉串」


そして、できたものがコレ。冷やし中華を知らない中国人がつくる「冷やし中華」!
DSC00929.jpg

どっぷりスープに浸かった冷麺。具は、香菜、きゅうり、チャーシュー、トマト。錦糸卵や紅ショウガはありませんでしたが、タレは甘酸っぱくて、日本のそれに近くて合格!少しスタイルは違うけど、とりあず満足。あ、あと和カラシも欲しかったな。
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。