上田さんの「カクテルテクニック」の英語版を購入しました。

fc2blog_20130421154458e7c.jpg

15年くらい前でしょうか。月刊誌、料理百科に写真含め見開き2ページで上田さんのカクテルテクニックが連載されていたのは。それがその後一冊の本になるわけです。

ここ最近でこそ、シェークはエアーを、ステアは静かになんちゃらなんて皆言ってますが、当時そこまでバーテンダーの技術を掘り下げて考え、論理的に語る人はそうそういなかったのではないでしょうか?

それより前の親方たちはもっと感覚的なところで仕事をしていたような気がします。

新米バーテンダーの自分は、まさに目から鱗!状態。毎月、ワクワクしながら本屋へ行ったものでした。

今日の、いわゆる海外のバーテンダーがいうジャパニーズバーテンディングとは、上田さんのカクテル理論、テクニックそのものと言っても過言ではないでしょう。

こちらは日本語版→「カクテルテクニック」

そして数年前にニューヨークで英語版が出版され、今までイマイチ謎だったジャパニーズバーテンディングの全貌が明らかになったわけです。

まあ、今回なんでこの本を買ったかというと、カクテルのテクニックについて英語で語る時のあんちょことして使っちゃお、みたいな。

なんでもっと早く買わなかったんだろ。

Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.