上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC01572.jpg

仕事帰りに、ワイン・バーへ行きました。いつもは白ワインを飲むことが多いのですが、この日はシャンパン。「入ったよ(入荷したよ)。」、と見せられたボトルはこれ・・・。
DSC01563.jpg

「サロン(Salon)1996」

やっと飲めました。サロンは、単一生産年のヴィンテージ・シャンパン、しかも1種類の製品だけをつくり続けているため、生産本数は1回に4~5万本程度。とにかく玉数が少ないんです。1914年創業以来、30ヴィンティージほどしか出ていないという、まさに「幻のシャンパン」。そのこだわりから「完全主義のシャンパン」とも呼ばれています。

味の方は、余計なものが一切ない、端麗。シャンパンの余計なものをそぎ落としてゆくと、こういう味になるのかな~。自分の予想とは全く逆方向の味でした。大吟醸のお米のように、いらぬものを削って削っていいもの残す。それに近いものを感じました。

ニ流、三流品て余計なものを足してごまかすことが多いですからね。足しすぎて訳分からなくなっちゃてるものもあったりしますし。

「シンプルで芯が強くて、なおかつ気品がある。」

いいお酒(人間も)って大体こんな要素持ってますよね。もう一度味わいたいシャンパンでした。
Comment
≪この記事へのコメント≫
一杯いくらだったんでしょうか?
さすがにボトルを買うと、もったいなくて飲めなさそうですが(^^;
2007/02/08(木) 19:33:04 | URL | しょう #-[ 編集]
黄金のS
 シャンパーニュの至宝。一度お目にかかりたい贅沢の極み、最高の気品と謳われる一品ですね(って、自分で勝手に創作した表現ですが)。
 コート・デ・ブラン地区にある、その村のすべての畑が特級畑というル・メニル・シュル・オジェ(村)で、年に数万ケースしか出ないというこの偉大なシャンパーニュは、ワインの本を読んでいると必ず出てきますね。ラベルにある「BLANC de BLANCS【ブラン・ド・ブラン】」というのは、選びに選び抜かれたシャルドネ種のブドウのみを使用しているという意味ですね。

 自分のブログでは基本的に飲んだことのあるお酒しか扱わないので書けないのですが。
 普通は使われる、酸味を抜くためのマラロティック発酵という技法が使われいないと聞いているので、酸味は強いと思われます。また、遅めにリリースとなることから、1996年ものは2005年に出てきたと聞いています。
 まあ、飲んだことのないワインを語っても仕方なので、せめてセカンド・ラベルのDelamotte 【ドゥラモット】を探してみたいですね(とはいえ、サロンが選ばなかったプレステージを使っているというだけで、質はさほど落ちないのに値段は10分の1以下という超超低コスト・ワインと聞いてますが)。

 他人様のブログながら、一度は書いてみたい内容だったので、思わず長くなってしまいました。すみません。
 でも、やっぱり一度でいいから味わってみたいなぁ・・・。
2007/02/08(木) 21:14:57 | URL | 倖成 #iqhSIKS2[ 編集]
かっこいい!シャンパンだぁ。シャンパンってほとんど飲んだことないんだけど(^0^;)、混じりけのない幻のシャンパンは飲んでみたくなったぞぉ。このワインバーの雰囲気も素敵だけど、これはどこ?うちの近くに酒蔵があって、この前そこで試飲してきたんだけど、余分なものがないお酒はうまいっ!そして飲みやすい!シンプルなものほどいいんだねぇ~(*^0^*)
2007/02/09(金) 06:16:22 | URL | ??? #-[ 編集]
すごいですねぇ。勉強になりました。
私は、飲めることないかもしれないけど、見ること位出来ないかなぁ??
2007/02/09(金) 10:28:04 | URL | セイラ #lO3nIXUQ[ 編集]
しょうさん>ボトルです。というか、このクラスをグラス売りは、よほどのレストランかバーでないと出来ないと思われます。

倖成さん>解説ありがとうございます。自分は基本的にシャルドネ好きなんで、シャンパンもブラン・ド・ブランを好んで飲みます。

後でワイン商の人に聞いたんですけど、サロンは90年代のヴィンテージより、80年代が美味しいそうです。90年代はまだ若いと言われました。

ドゥラモットも軽やかでなかなか良いですよ。

???さん>Aさん→Nさん?このワイン・バーは、カッページにあります。

セイラさん>こう書くとなんだか高級そうですが、メチャクチャ高いという訳ではないんです。本数が少ないんです。芋焼酎の3Mのように。
2007/02/09(金) 14:39:38 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
すごい!!
いつかは飲みたいお酒の一つです。
滅多に見つからないらしいですけど、今は見つけても金銭面が問題で飲めません。
いつか飲める日を楽しみにしたいと思います。
2007/02/09(金) 18:20:47 | URL | けにち #-[ 編集]
今回はHPに来て下さり、ありがとうございました(^^)
サロンじゃないですか!nao.っも一度飲んでみたいんですよねーf(^^);羨ましい
2007/02/10(土) 18:26:55 | URL | nao. #-[ 編集]
自分は95年のサロンを飲んだことがあるのですが・・・。

このヴィンテージも大変よかったです。

先のほうで述べていますが、
90年代の物は、まだ熟成感が足りないと
いう事を、インポーターの方から話を聞きました。

今飲むならば、80年代がいいそう。

ある意味、先行投資型のシャンパンとも
いえる気がします。

今90年代購入して、5~10年後に
飲むという事も可能ですね。
(保管の問題さえクリアできればですが)

熟成感のある素晴らしいシャンパン。
それがサロンですね。
2007/02/11(日) 20:52:11 | URL | 流香 #-[ 編集]
けにちさん>彼を見つけた時は、是非お試しください。

nao.さん>どうも。H.P拝見させて頂きました。ちょくちょくよらさせていただきます。よろしくどうぞ。

流香さん>ん~早まったかな。でも、目の前にボトルを出されて、「オアズケ」はできませんでした。
2007/02/11(日) 23:38:07 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
うんうん・・・。

その気持ち、すごくよくわかりますよ。

目の前に出されたら、飲まずにはいられませんよね。

実際、自分もそうですよ。(苦笑)
2007/02/12(月) 21:18:49 | URL | 流香 #-[ 編集]
サロン~!!
いいなぁ。私もいつか飲んでみたいと思いつつ、手が出ない一品です。
でもこの逸品、いつか絶対に飲むぞL(゚□゚)」
2007/02/13(火) 14:39:59 | URL | 看板娘☆ #-[ 編集]
出逢えたのは運命ですねぇo(〃^▽^〃)o
2007/02/13(火) 15:50:27 | URL | セイラ #lO3nIXUQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。