上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラークキーの人気アトラクション
逆バンジー「G-MAX」のロープがプツン!!
離陸直前に発生 乗っていた3人は無事
 

星日報

七日、クラークキーの人気アトラクション、逆バンジージャンプ「GーMAX」のロープが切れるアクシデントがあった。
 夜一一時頃、三人の観光客がGーMAXに乗り込み、離陸を待っていたところ、二本のうち一本のロープが突然切れた。三人が乗ったGーMAXは空中に放り出されることなく、そのまま地上で固定されたため、幸いけが人は出なかった。
 GーMAXを運営するフロンティアスポーツの国際事業ゼネラル・マネジャー、サイモン・ダンロップ氏によると、逆バンジーは、ロープに異常がある場合、離陸しないように設計されているという。
 また、ロープは約八〇〇回の使用に耐えることができるが、シンガポールでは四〇〇回、あるいはもっと早くロープを交換し、安全に配慮している。多くの国では、五〇〇回の使用後に交換されているとのことだ。
 GーMAXは、時速二〇〇キロのスピードで地上六〇メートルまで放り投げられるアトラクションで、所要時間は約七分間、料金は一人三〇ドル。二〇〇三年一一月の営業開始以来、八万人以上が利用した実績を持つ。
 今回のような事故が起きたのは初めてで、運営業者のフロンティアスポーツではGーMAXの営業を一時取りやめ、ロープを交換するとともに安全性をさらにチェックした後、再開したいとしている。


G-MAX 逆バンジー動画はココをクリック

人が、ぽ~んと飛んだときでなくてよかった。この逆バンジー、友達に誘われても拒否してましたが、これを機に絶対に乗らないという決意をさらに固くしました。少なくとも、当時乗っていた3人は一生涯こういったアトラクションはチャレンジしないだろうな~。
Comment
≪この記事へのコメント≫
何年か前に大分の施設でも同じような事故があったような気が・・
絶対と言う事は無いので、ロープが切れたときは発射しないようにとかの、フェイルセーフが働くようにしているんでしょう。

#ま、遊園地に行って喜ぶ年齢でもなくなりましたので(^^;
2006/05/15(月) 06:49:23 | URL | しょう #tBjMARH2[ 編集]
しょうさん>発射した後、切れるってこともあるわけですよね?コワ過ぎます・・・。
2006/05/17(水) 11:44:54 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
<やっぱり切れるんだ~、コワッ。>
というタイトルを見てちいちいのお客さんがキレタ!?
のかと思いましたよ。
こんなウマイカクテルが飲めるかぁー!って。w

バンジーには一度も挑戦した事ありません。
わたしも一生涯やめておきます(> O <*)

決して起きてはならぬ事故に怒ッ!
2006/05/18(木) 09:14:57 | URL | chai #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。