上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・リッツ・カールトン、新カクテルメニュー発表で101種類に

2007-07-28 シンガポール経済新聞

五つ星ホテル「ザ・リッツ・カールトン・ミレニア・シンガポール」(7 Raffles Avenue)のラウンジ「チフーリ・ラウンジ」(TEL 6434-5288)のカクテルメニューが新しくなった。新カクテルメニューは、クラシックマティーニから試験管カクテルのシューターまで101種類が用意されている。

 シャンペンカクテルは全17種類。「57,000,000バブルズ」(クレーム・ド・カシス、ピーチ・リキュール使用)や「リック・ミー・レモン」(レモン・ラム、コアントロー使用)など。フランスの辛口シャンパーニュ「モエ・エ・シャンドン・ブリュット・インペリアル」をベースとして使用している。価格はいずれも25シンガポールドル。クラシックマティーニにはザ・リッジーニ(シトロン・ウオッカ、オレンジ・コアントロ、ドライ・バーモン、ライム、アンゴストラ使用)やソルトリー(カラント・ウオッカ、ピーチ・リキュール、ブルーベリー・シロップ使用)などがある。各23ドル。

 同ラウンジは、日中はクラシックの生演奏とともにアフタヌーン・ティーを提供し、夕方以降はジャズやラテン音楽の生演奏に変わり、酒類が主体の時間となる。現在、ラテン・ルーマーズ・バンドとレジ&ケーシーの生演奏を楽しめる。

 同ホテルPR担当ザニーさんは「『チフーリ・ラウンジ』の名称は高名なガラス彫刻家デイル・チフーリさん(米国)の名前に由来する。ラウンジ内の壁面は彼の作品で装飾されている。そこで彼の作品と当ホテルにふさわしい洗練されたカクテルを発表した」と話している。

 営業時間は8~翌1時。無休。


最近(でもないけど)、巷で話題の「リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間」って本を読んだんです。クレド・カード(クレド)ってやつは、まぁある程度大きな組織なら、どこでもあるわけですが、この本によると、リッツ・カールトンでは、そのクレドが素敵なまでに実行、実現されているそうなんです。そんな話題のホテルとは露知らず、外資系のオシャレなホテル~程度に思っていたわけです。

新カクテルメニュー完成、これを機に“サービスを越える瞬間”ってのを味わいに行こうかな。
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。