上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シンガポールに来た当初は、アイスピックはダイヤピックを使っていました。使い心地は良かったのですが、頭の部分のねじ込みがバカになってしまい、壊れそうだったので、去年一時帰国した際、三本爪アイスピックを買っておいたんです。(丸氷はつくらないし、実は使ったことがなかったので、ちょっと使ってみたかったんです。)

その後、案の定ダイヤピックは壊れ、しばらくは三本爪アイスピックを使っていました。しばらくして、三本爪アイスピックのほうも、爪が一本、続いて二本と、取れてしまったのです。

そこで、やはり使い慣れた一本槍に戻そうと思い、高島屋やオーチャード・ロード沿いのショッピングセンターのキッチンツール売り場、いろいろと見て回ったんですが、ないんです。アイスピック。

考えてみると、かち割り氷を使う習慣がないシンガポールで、アイスピックなんて必要ないわけです。

あるとするとチャイナタウンの業務用キッチンツールのお店「Lau Chou Seng」。さすがにここにはありました。隅のほうで埃をかぶっていましたが。ここで面白い色のアイスピックを見つけました。銀色。決して銀で出来ているわけでありません。普通のアイスピックの柄の部分を金属でコーティングした一品です。


コレ、おそらく日本にはないと思います。別に特別使いやすいとか、そういったことは全然ないんですけど、近未来チックなので買ってみました。
Comment
≪この記事へのコメント≫
シンガポールの方には、アイスピックは馴染みがないの?
氷の微笑観ても、よくわかんないね(*`▽´*)
関係ないけど、ガムってないんでしょ?
2007/08/06(月) 10:48:31 | URL | セイラ #lO3nIXUQ[ 編集]
セイラさん>古っ!確かにわかんないかも。あの恐怖感というか戦慄さは伝わらないかもね。ガムないよ。持ち込みも禁止。
2007/08/08(水) 04:26:17 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。