上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早いもので、もう一年がたちました。四季の無いシンガポール、あのことが何時だったのか?よくわからなくなります。

「初雪の降った夜だった。」とか「桜の季節だった。」とか「新そばの時期だった。」など、時間の経過に句点があまりないのです。

自分の中で(シンガポールで)数少ない句点の一つが、ボジョレー・ヌーヴォーです。

解禁当日、自分もお店で特にプロモーションをうったりするわけでもなく、去年と同じく、街も全くの無関心。なんかの拍子に話題になった時用に2,3本買っていこうかな、と思ったんですけど結局買わずに出勤しました。

案の定、ボジョレーのボの字も聞かぬまま営業終了。スタッフにちょっと話を振ってみましたが、「赤ワイン?解禁日?意味わかんねー。」状態。

一人寂しくワイン・バーへ。
CIMG0356.jpg

「Henry Fessy (アンリ・フェッシー)」のボジョレー・ヴィラージュ。ラベルはロートレックっぽいですけど、こんな絵ありましたっけ?あくまでロートレック風なのか?はたまた拝借しているのか?

お店の人に協力してもらいつつ、無事一本飲みきり。こうしてまた、ボジョレー・ヌーヴォーのおかげで、一年の経過を振り返ることが出来ました。
Comment
≪この記事へのコメント≫
ボジョレーはMSCで2杯(2本じゃないですよ)頂きました。フルーティーさはあんまり感じなかったような。

季節感と言えば、すでにクリスマスイルミネーション開始で、早すぎるって感じです(--;
2007/11/17(土) 19:26:30 | URL | しょう #tBjMARH2[ 編集]
やっぱり・・・
こっちはゼンゼンですよねー。

うちは一軒だけ、問い合わせがありました。

そのお客様は明治屋で買って持ち込まれました。

となりのフレンチのソムリエに分けてくれと頼んだらしいのですが、鼻で笑われて”そんなもん置いてない”と言われたそうです。

日本人のホールのコがぶち切れてましたw
2007/11/17(土) 23:36:54 | URL | フェイジャイ #-[ 編集]
しょうさん>そうですねー。今年はイマイチ感動がありませんでしたね。

イルミネーション、シンガポールもぼちぼち始まっていますよ。今度、画像アップします。

フェイジャイさん>確かに、現地じゃ1ボトル300円程度のワインですからね~、ソムリエが「ふんッ」という気持ちもわからないでもないですけど、ボジョレーは、飲業界で言う、旬物。それは、それで楽しんでもいいですよね。
2007/11/18(日) 11:32:07 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
シンガポールで解禁日にしっかりと飲みましたが、、味が薄く感じました。ただ、それだけで、、
でぇ日本に帰ってきて、これまた飲んでみましたが、シンガポールで飲んだ物と全然味わいが違いました。。
面白いぃ
2007/11/18(日) 23:12:46 | URL | セバ #Zu6GYWc2[ 編集]
私は2本飲んで、あと1本はまだこれからです。
直詰め(?)のは濃くて美味しかったですよ。
それは、昨日までに飲まなければいけなかったんですよ。
2007/11/19(月) 10:41:05 | URL | セイラ #lO3nIXUQ[ 編集]
セバさん>薄いというか、その軽さを楽しんでください。つくり手が違うと、また味も違うところが、ワインの面白いとこですね。

セイラさん>直詰めって何よ?
2007/11/21(水) 04:03:43 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
ごめんなさい。ドラフトワインでした。

http://www.draftwine.com/index.html
2007/11/21(水) 14:22:09 | URL | セイラ #lO3nIXUQ[ 編集]
セイラさん>なるほど。ボジョレー・バージョンもあるわけね。窒素が常に十分されてるから、昨日までじゃなくてもいいんでない?
2007/11/22(木) 10:21:43 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。