上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日、フレンチ・レストランで、ランチを兼ねたシャンパンの試飲会に行ってきました。ワインサプライヤー(ここのワイン屋さんはとんでもないワインを多く持っている)のご招待なんですけど、6名だけのプライベートな試飲会です。サプライヤーさんと、ウチのボスと、今度日本食屋さんを始めるオーナーさん、その他関係者。主旨は、その日本食屋に置くシャンパンはどういったタイプのものが良いか?皆でディスカッションしながら飲む、というものでした。

ラインナップは・・・

・Piper Heidsieck (パイパー・エドシック)
・Delamotte (ドラモット)
・Pommery (ポメリー)
・Charles Heidsick (シャルル・エドシック)
・Bollinger (ボランジェ)
・Veuve Cliquot (ヴーヴ・クリコ)
・Taittinger (テタンジェ)
・Henriot (アンリオ)

の計7種類。スタンダードとはいえ、これだけシャンパンを同時に試飲する機会というのは、バーテンダーでも滅多にありません。試飲はブラインドで行われました。この場合、先入観なしにテイスティングできるという点がいいですね。

結果、食事前のスターターには、Pommery (ポメリー)が、食事(実は、日本食屋さんのメインは鶏肉)とともに飲むには、Charles Heidsick (シャルル・エドシック)が良いのではないか、という意見で一致しました。

Pommery (ポメリー)は、いわずと知れた有名シャンパンですが、改めて飲むと、何かが突出するわけでもなく、足りないわけでもなく、バランスがとてもよいということに気付かされます。

Charles Heidsick (シャルル・エドシック)は、香ばしく、ナッティー、キャラメル香、心地よい重厚感。ちなみに、写真のフォアグラとはバッチリでした。

食事も終わり、バーに移って一服。バックバーを見ていたら面白いものを発見しました。
CIMG0274.jpg

「ポート・エレン 1979 GM社コニッサーズ・チョイス」

シンガポールにもあるんですね。40度という度数のせいか、ビンテージのせいか、あのポート・エレンの刺すようなスパイシーはあまりなかったなァ~。潮っぽさもおとなしめ。オイラのイメージにあったものよりお上品な味でした。

やっぱり、こうやって食事をしながらゆっくりとやる試飲会はイイ!この後、仕事ってのがチト痛いところではありますが・・・。
Comment
≪この記事へのコメント≫
オフィシャルな試飲会ですね!?
カッコ良いなぁ。羨ましい~!
仕事前に飲めるのも、ある意味かなり羨ましいよ。
シャンパン飲みたいなぁ。
2006/06/12(月) 10:13:02 | URL | フロ-ラ #-[ 編集]
7種類のChampagneテイスティングなんて・・・。
仕事とは言えど、羨ましいなぁ。

Charles Heidsick (シャルル・エドシック) 以外は全て飲んだ事があります。

自分の場合、ポメリーは少し酸味が強く感じてしまうのであまり飲むChampagneではありませんけれども、これ1本で
最初から最後まで行けるのは、
この7種の中ではこれだけではないかと
思いますね。


2006/06/13(火) 22:48:52 | URL | 流香 #-[ 編集]
フローラさん>最近、シャンパン飲んでないの?

流香さん>さすが!飲んでる人は違います!。確かに厳密に言うと、というか皆の意見は、流香さんと全く同じ。1本で通すのだったらポメリーだろうと。シャルル・エドシック、実は自分も飲んだのは初めてでした。この子は、なかなか個性的で面白いですよ。是非お試しを。
2006/06/14(水) 03:01:13 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
ボトル拾ってくれてありがとう(^^)

私の夢(?)は
ドンペリピンクを飲む事です(笑)
売ってないんですよねぇ。。。

美味しいのかしら?
2006/06/19(月) 02:45:35 | URL | ミント♪ #-[ 編集]
ミントさん>オイシイですよ。特別入手困難というわけではありませんから、酒屋さんでオーダーすれば買えると思います。
2006/06/19(月) 04:06:34 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
シャルル・エドシック・・・。

すごく興味があります。

日本で購入するのは難しそうだわぁ。

*先週はジョゼフ・ペリエを飲み、
今夜はマリーノエルを飲んでおります。
2006/06/22(木) 00:25:12 | URL | 流香 #-[ 編集]
流香さん>mixi拝見させてもらいました。ちとネットで調べましたが、マリー・ノエルはエグリ・ウーリエの隣に位置するドメーヌみたいですね。それにしても、作り手の方は、相当リキ入れてつくってますね。よっぽどのことがないと、こっちじゃ飲めないだろうな~。
2006/06/22(木) 02:45:57 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
mixiでの日記、ご覧戴きまして
ありがとうございます。

そう、この作り手は女性なのですが
かなり気合入れて作ってます。

ヴィンテージの物だと、
すごく味が濃くて、驚くほどの
パワーがあります。

ドゥーツのChampagneで使う
葡萄は、ここから買っているらしいです。

*シンガポール伊勢丹で扱ってるのか?
2006/06/22(木) 22:50:32 | URL | 流香 #-[ 編集]
流香さん>伊勢丹チェックですな、これは。
2006/06/24(土) 17:21:57 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
マリーノエルは、日本の場合ですが
正規代理店は伊勢丹の関連である「センチュリートレーディングカンパニー」と
いう会社が扱っているんです。

ドゥーツの代理店もここなのです。

だから、シンガポール伊勢丹にならあるかなって思ったのだけどどうなのかなぁ?

シンガポールでの報告待っています!
2006/06/25(日) 14:06:57 | URL | 流香 #-[ 編集]
流香さん>ラジャ!
2006/06/26(月) 00:15:50 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。