【シンガポール】岩手県が米を初輸出、来月から発売

4月21日8時0分配信 NNA

◆岩手県が、シンガポールに初めて県産米を輸出することが分かった。「ひとめぼれ」5トンで、大手卸業者を通じて今月末には日本を出港することになっており、来月をめどに繁華街オーチャードなどにある百貨店の伊勢丹で販売する。

 岩手県庁流通課の担当者はNNAに、「かねて米の輸出先を探してきた。当初は中国を狙ったが実現が難しく、米が一般的に食されている国で所得層の高い国を模索してきた」とした上で、「コーディネーターとして委嘱している卸業者がネットワークを持っている」とシンガポールへの輸出の背景を説明した。
 
 輸出するのは同県南部で収穫した「ひとめぼれ」で、真空パックの袋入り3.8トンと天日干し米の袋入り1.2トンだ。具体的な時期などは未定だが、3月に発足した官民で構成する「いわて農林水産物輸出促進協議会」の会員による実演会も行うことにしている。
 
 「ひとめぼれ」は、宮城県の農業試験場で1991年に誕生した耐冷性を持つ品種。93年の大冷害で打撃を受けた同県産の伝統品種「ササニシキ」の転換品種として作付け面積を伸ばし、翌年には全国2位になった。冷めた後も食味や食感が落ちないといわれている。
 
 ■野菜も提案
 
 シンガポールに対しては、米だけでなく野菜の輸出も視野に入れる。「収穫量が日本国内でトップ10入りする農産物や水産物が多く、関連商品をトータルで提案できる数少ない自治体」(同担当者)という同県の特徴をアピールする。当面は、米の納入先である伊勢丹にアプローチする方針だ。
 
 岩手県は、東南アジアではマレーシアへの米の輸出をスタート。昨年始めたもので、5トンを出荷。現地の日系スーパーで販売し、好評だったことから、今年は3倍の15トンを納入する。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、同県の農林水産物の輸出額は00年度の2億5,000万円から、06年度には22億円弱と6年間で10倍近くに拡大している。主力は水産物で、総額の9割超を占める。◆


美味しいお米が食べられることは、いいことです。現在シンガポールに流通している日本産のお米は、新潟県産、北海道産、秋田産くらいかな?ちなみに、2キロで約20~35ドル(約1,900~2,700円)。

現地の人が食べるお米は、やはり少し(だいぶかな?)パサついています。もちろん、焼き飯(フライド・ライス)系には、全然問題ありません。むしろ、パラリとした仕上がり感は、日本米では出ないかもしれません。スープ系のカレー(インド系)も、こちらのほうが相性がいいようです。

とはいえ、ローカル・フードを毎日食べるわけにもいかないので(毎日は飽きます)、家では日本米を炊くわけです。

米選びの際、選択肢が増えるという在星邦人にとって嬉しいニュースでした。
Comment
≪この記事へのコメント≫
これは朗報。しかし外食率120%の私にはスーパーで売ってもらってもしょうがないので是非となりのあの店やしたのあの店で是非仕入れてもらいたいものです。
2008/04/22(火) 10:26:01 | URL | RIMOWA #-[ 編集]
RIMOWAさん>あ、使うかもしれませんね。外の日本食屋さんでお米マズイとガックリですもんね。
2008/04/22(火) 15:21:33 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
炊飯ジャーがありましぇん。。。(;´Д⊂)
2008/04/22(火) 23:32:58 | URL | とも☆ミ #-[ 編集]
とも☆ミさん>買いなさい!でも、バクテーに日本米は合わない!と私は思います。そこは、現地米で。
2008/04/25(金) 12:18:51 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫

Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.