上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俳句が趣味のお客様がいらっしゃいます。その方は、日常生活でふと何かを感じたものに対し、それを句にするそうです。面白いのは、同時に写真を撮り、英語訳もつけてそれらをファイルしているところです。

確かに絵(写真)があると、自分のような素人でもその情景がイメージしやすいというか、句を読んだ人に近いところでそれを感じることが出来ます。

お店に来ること数回、「カクテル。これ面白そうだなー。」ということで、題材の一つに選ばれたようです。

そのお客様、普段はウィスキーを飲まれるのですが、最初に一杯必ずカクテルを注文され、それを写真に撮り、名前やレシピ、由来などを私とお話します。家へ帰って、句をつくり、次に来店の際、完成された作品を持ってきてくれます。
blog 337

世には様々な趣向を凝らしたカクテル・ブックが存在しますが、俳句と絡めたカクテル・ブックはまだ見たことありません。そんなカクテル・ブックがあったら、面白いかな?と思ったりしました。
Comment
≪この記事へのコメント≫
なかなかシャレた方ですね・゜゜☆
カクテルの句をよまれるとは!!
2008/07/16(水) 16:51:04 | URL | セイラ #lO3nIXUQ[ 編集]
この方、私の会社の同期のMっするのお客様ですたぶん。某すし屋さんでも同様のことをされてて壁に同様のものがたくさんかざってありました。粋ですね。
2008/07/16(水) 17:41:14 | URL | RIMOWA #-[ 編集]
素敵ですね。ワタシも似たようなことをしたいのですがなかなか思うようになりません。俳句はまだしも和歌は経験が全くないのでどうにもなりません。そちらのお客様にヨロシク。「東京で刺激を受けているヤツがいました」とお伝えください。
2008/07/16(水) 20:39:56 | URL | tacarin! #-[ 編集]
おお、なんという粋人。
外人さんが見たら喜びそう。
2008/07/17(木) 03:29:52 | URL | モフ( ~Д~)モフ #-[ 編集]
こんばんわ。時間的にはおはようございます何でしょうが。


カクテルブックと俳句確かに面白い形だと思いますよ。
カクテルを書いた本とか映画は有りますけど俳句は日本オリジナルですからね。


ふと思い出したのが魯山人です。
器に合う料理を作り出す行為と料理ならぬカクテルで俳句を作るという幹の部分は同じ行為は共感できますね~。


では、また。
2008/07/18(金) 01:02:00 | URL | ユーラシア #-[ 編集]
セイラさん>粋なオジサマでしょ。

RIMOWAさん>間違いありません。お鮨屋さんのも見せてもいました。今度、カクテル版お見せします。

tacarin!さん>了解しました。とても喜ばれると思います。私もトライしようと思ったのですが・・・。人のを見ると簡単そうなんですが、いざ自分でやろうと思うと全然出来ません。

モフ( ~Д~)モフ>そうだね。英語訳もあるし。今度見せてみようかな?

ユーラシアさん>同じ行為というか、目指すところはそこかもしれません。バーテンダー界の魯山人と言われる方が東京にいますが、まさにそれです。
2008/07/20(日) 12:32:21 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。