上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ウサギリンゴ」作れる?…親だって35%できない
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081211-00000012-yom-soci

12月11日10時3分配信 読売新聞

リンゴの皮をウサギの耳に見立ててむく「ウサギリンゴ」。お弁当の定番とも言えるウサギリンゴの作り方を知らない親世代が35%もいるという調査結果がまとまった。

 調査は青森県の青果販売業者らでつくる「青森県りんご対策協議会」が11月に実施し、全国の10~60歳代の男女400人から回答を得た。

 このうち、2~12歳の子を持つ20~40歳代の男女95人に、ウサギリンゴについて尋ねたところ、「作り方がわからない」「作れない」と答えたのが29人(30・5%)いた。「知らない」(4人)を含めると、子育て真っ最中の親世代の34・7%が作れないことになる。

 50~60歳代では、作れない人は20・6%。50~60歳代女性に限れば、「作れない」は4%の一方、72%が「作るのが得意」としていた。

 総務省の家計調査年報によると、リンゴの国民1人当たりの年間購入数量は、1986年の4・8キロ・グラムから2005年には4・0キロ・グラムに減少。同協議会の調査でも、「ジュースや加工品を含め、リンゴをどのくらいの割合で食べるか」との問いで、60歳代は22%が「ほぼ毎日」なのに対し、現役親世代の41%は「月1回以下」だった。

 同協議会は「若年層のリンゴ離れが『ウサギリンゴ』を知らない人の増加につながっている」と指摘する。


「ウサギリンゴ」を知らない、というか包丁(この場合ペティ・ナイフかな)が使えないという人が多いのではなかろうか?刃物がきちんと使えれば、「ウサギリンゴ」なんて形上の問題なわけで。

同世代(30歳前後)の、特に女性の包丁使いを見る機会がたまにありますが(BBQの仕込とかね)、「料理全くやったことないんだなー。」って人が結構います。子供の頃、母親のお手伝いとかで、基本的な刃物の扱い方とか教わらなかったの?と。

「オイ、オイ、危ねーよ。何その使い方!」、なんて突っ込もうものなら、「アタシ、料理なんてしないし~!」と開き直る輩もいます。

外食も多いだろうし、子供のお弁当に関しては共働きが多い今日、レンジでチンって感じなんでしょうか。しょうがないといえばしょうがないのかな。

たかだかリンゴの剥き方ですが、なんか寂しいです、このニュース。子供に「リンゴ剥いて~。」って言われて、それが出来ないって。

※その点、バーテンダー(実は我々ぺティ・ナイフ使いなんです)の親を持つ子供は半端なく、特にフルーツのカッティングに関してはお上手になること間違いなし。是非、お近くのバーへリンゴを一個持っていって「コレ、剥いて。」とバーテンダーに渡してみてください。綺麗にカッティングしてくれるはずです。
Comment
≪この記事へのコメント≫
私も今シンガポールに住んでいます。女一人でよくバーに通っていますが近くならぜひお伺いいたします
2008/12/11(木) 12:12:07 | URL | katsuko #-[ 編集]
最近の女は料理できないことを自慢げに言いやがるよな
「料理できないけど仕事頑張ってるからいいの」みたいな発言が腹立つんだよな

「仕事も頑張って、しかも料理だって一通りできるのよ」みたいなこと言われたら
逆に惚れるね~

こんなこと書き込んでると
世の女性達に追い込みかけられそうだけどね~

でも最近日本では
料理教室が大流行らしいぜ

仕事頑張っても報われないから、さっさと嫁に行きたいんだとよ

そういうおねぇちゃん目当てに、男も料理教室にガールハントに出かけるのがナウらしいぜい
2008/12/11(木) 12:24:33 | URL | しもりーぬ #-[ 編集]
お晩です+ご無沙汰です。

リンゴ剥きが出来ない親ねー。
確かに多いかもです。刃物ってたって所詮ぺティナイフなんですから持たせればいいのに。

因みに日本に洋包丁はヘン○ルの2ドールのセット+堺の出刃+柳刃で一通りこなしますんで !(^^)!


最近中華包丁と中華まな板が欲しい今日この頃です。



ではでは。
2008/12/12(金) 01:19:16 | URL | ユーラシア #-[ 編集]
殆ど外食だったけど、最近は自炊もしてるよぉ。
包丁の使い方は、誰が見ても危ういけど、ウサギは出来るよ♪
皮むきは得意(自称)だし'`,、('∀`)'`,、
2008/12/12(金) 09:43:32 | URL | セイラ #lO3nIXUQ[ 編集]
床上手なら料理できんでもよし!
2008/12/13(土) 06:35:46 | URL | itamae #-[ 編集]
katsukoさん>是非、りんごを持っておいでください。

しもりーぬ>撫子は記念物ばりに少ないかもね。

ユーラシアさん>今日、男子のほうが料理テクニックは上かもしれませんねー。

セイラさん>普通に、料理下手そうだなー。

itamaeさん>ちょっとアグリー。
2008/12/15(月) 11:06:02 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
おにーちゃんリンゴ剥いてぇ~♪

。。。違うのはよろし(爆)
2008/12/15(月) 22:25:17 | URL | ☆ミ #-[ 編集]
 図工の時間に彫刻刀を持たせただけで、学校に怒鳴り込んできた親がいたという話を聞くぐらいですから、ナイフすら扱えない親や子が増えているのかな。包丁を握れない人(女性に限らず)も増えているというし。
 逆に、プロ並みの料理ができる小学生たちのTVドキュメンタリーも見たことがあるので一概には言えないのでしょうが、たかがリンゴの皮むきとはいえ、近頃の日本人、食べるものを調理する意味をもう一度しっかりと考えて欲しいなあ、と思いました。
2008/12/17(水) 18:54:40 | URL | 倖成 #iqhSIKS2[ 編集]
親の影響が大きいのでは?

例え、小さいうちから料理を習わなくても、親が料理上手な子供はすぐに上手になるそうです。レシピがわからなくても、親の手料理を食べるうちに、味で何か足らないみたいなことが分かるんだって。最近は子供に好きな食べ物は?と聞くと、マッ○のポテトなどと耳にします。。。そりゃ、確かにたまに無性に食べたくなることもあるけど、、何だかさびしいですね。。家族で食事しないのかな?それに、好きな誰かのために美味しいものを作るのって幸せなのにね。

それから小さいから危ないとむやみに危険から回避させるのも良くないですね。痛い思いをして覚えることもあるはず。親が隣にいながら、包丁を楽しくつかわせればいいのに。小さなけがなら気にしない気にしない!小さいうちに友達と殴り合いのケンカをするから、たたく痛みもたたかれる痛みも、力のコントロールも覚えるのにね。人の心の痛みも同様に覚えていくのだと思います。今は、そういうのがないから殺しちゃったりするのかな??

自分が子供の時はよかったな。。。ってまだ若いけど

ちいちいさんの華麗なリンゴさばきが見てみたい。。。
2008/12/19(金) 21:36:13 | URL | りーやん #-[ 編集]
ともくん>違うのってなーに?僕にはわかりません。

倖成さん>調理って、年頃になれば誰しも一度は興味を持つものだと思うんですけどねー。そのときの親の対応次第でしょうか。

りーやん>食育って、一時よりは進んでいると思うけど、その現場はやはり家庭が基本で、親がきちんとした料理を作っていれば、本来そんなカテゴリーつくって教育していく必要なんてないんだよね。

自分なんかも、どっちかというとグルタミン世代だし、今になって美味しいものを見極めるのに苦労することがあるよ。
2008/12/21(日) 11:10:31 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
ウサギりんごが出来ない人って、結構いるんだね。



って…。


自分も上手に出来るかは、微妙だけど…。



_│ ̄│〇






今時は男子の方が料理上手だったりしますが、男女問わず料理は出来た方がいいに決まっている。



【食】って、本当に大事ですよね。



生命の根源であるし…。




家庭毎に味付けも違うからそれを伝えていくという、文化などもある。






突き詰めると、深い物である事に気が付きます。
2008/12/31(水) 13:24:25 | URL | 流香 #-[ 編集]
流香さん>深いですね。だから突き詰めれば突き詰めるほど楽しいのかも。
2009/01/03(土) 14:52:15 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。