上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年最後に振ったカクテルは「ホワイト・レディー」でした。

ジン、コアントロー、レモンを2:1:1でシェイクしたショートカクテル。自分も好きなカクテルです。名前が名前だけに、オーダーするのがちょっと恥ずかしいという男性は、バーテンダーに「ジン・サイドカー」なんて言えばOK。

この、「ベース、甘、酸」の割合が「2:1:1」のカクテルはベースを変えると名前が変わり、それぞれ

ブランデー・ベース → サイド・カー
ウォッカベース → バラライカ
ラム・ベース → X.Y.Z
テキーラ・ベース → マルガリータ
ウィスキー・ベース → サイレント・サード

となります。

総量が60mlなので(日本の場合ね)、具体的には30ml(ベース)・15ml(甘味)・15ml(酸味)。最近はドライ志向なバーテンダーも多く、40ml・10ml・10mlなんてレシピも。でも、そこそこ技量のあるバーテンダーでないと、このレシピでバランスをとるのは少し難しいかもしれません。

シンガポールへ来て1年ちょっとした頃、とあるお客さんにマルガリータをサーブしたところ、「これ酸っぱい。まあ、俺がそう感じるだけかもしれないけど。」と言われたんです。その時は、「酸っぱい。」なんてなんとも幼稚な味覚表現!なんて思ったんですが、気になったんで営業終了後、自分でつくって飲んでみたんです。

「酸っぱい・・・。」

30ml・15ml・15ml。分量は正しいし、自分のシェイク、その他のバランスも全くいつもと一緒なのに、酸っぱく感じるんです。

これいろいろと考えたんですが、おそらく気候のせいだと。シンガポールの亜熱帯気候に体が順応しているので、味覚にも変化が生じているんです、多分。日本にいるときよりも、体が甘いものを欲しているのではないかと。

試しに、30ml、16ml、14mlでつくってみるとバッチリ!

在星歴の長い方 やシンガポーリアンなら、30ml・17ml・13mlくらいでもよいかもしれません。逆に、日本から観光でみえてる方なんかは、普通に30ml・15ml・15ml。

そう考えると、ラッフルズのシンガポール・スリングもコーディアル・ライムのフローズン・マルガリータも、慣れてくるとまんざらではなくなってくる理由もわかるような気がします。

来年も、お店にホワイト・レディーがたくさん来ますように。では、よいお年を!



"White Lady"

I made the cocktails at the end of this year, "White Lady" was.

It is a short-cocktail of gin, Cointreau and lemon juice, shaken at a ratio of 2:1:1. It is also my favorite cocktail. Man that is embarrassing to order "White Lady"? Don't worry. It to say "Gin Sidecar".

In the cocktail of "base, sweet and acid" ratio of "2:1:1", If base change name also change.

Brandy → Side Car
Vodka → Balalaika
Rum → X. Y. Z
Tequila → Margarita
Whisky → Silent Third

The total amount of 60ml, so (in case of Japan), in particular 30ml (base) · 15ml (sweetness) · 15ml (acidity). Recently, many dry oriented bartender, so 40ml · 10ml · 10ml recipes that can be found. However, a bartender hasn't decent skills, the balance in this recipe might be a bit difficult.

I came to Singapore around one years later, I was served a margarita to the customers, "It's sour. Well, I feel it might just be me." I was told. At that time, "sour." I thought what a childish taste representation! But I worry about it. So I made it myself and drunk it.

"Sour..."

30ml · 15ml · 15ml. Amount is correct, my Shaking, I was always quite well balanced with the other, but I feel sour.

I thought a lot, maybe it's because of the climate. I guess since the body has adapted to the tropical climate of Singapore, I have also caused changes in taste. Than when I was in Japan, that the body wants something sweet.

To try, 30ml, 16ml, 14ml. Fine!

For customers living in Singapore longer and Shingaporian, 30ml · 17ml · 13ml may be even much better. On the contrary, the usual 30ml · 15ml · 15ml good for tourist from Japan.

That'd explain a lot. When I get used to it, frozen margaritas using cordial lime juice and Raffles Singapore Sling are not so bad.

I hope to see many White Lady in my bar next year. Happy New Year!
Comment
≪この記事へのコメント≫
あけまして
あけましておめでとう御座います。
「ジン・サイドカー」好い事教えて
頂きました。

ワタクシも好きなのですが!
地黒オヤジが「ホワイト・レディー」
恥ずかしくて(汗)かなり酔ってから
でないとオーダー出来ませんでした。

ちいちいさんにとって善き年と
成りますように・・・今年も宜しく!
2010/01/02(土) 10:51:48 | URL | きーまお #L8AeYI2M[ 編集]
きーまおさん>明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

確かにホワイトレディーって、少し抵抗ありますよね、オーダーのとき。
2010/01/04(月) 16:26:11 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
あけましておめでとうございます。


そして…。

HAPPY BIRTHDAY!



【White Lady】…。



ジンベースは好きなのに、何故かオーダーした事がないなぁ。


なにせ根がオヤヂなので。



※White Ladyはワタクシでも、少し恥ずかしいです。



2010年が幸多き年でありますように、お祈りします。
2010/01/04(月) 19:41:42 | URL | 流香 #-[ 編集]
流香さん>えー、女性がホワイトレディー。いいじゃないですかー!自分なんか張り切ってつくっちゃいますけど。

今年もよろしくです!
2010/01/15(金) 17:09:40 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。