上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そう、日本でもウワサの「レッドブル」。

~ウィキペディア(Wikipedia)より~

糖分を多く含み、他にタウリン、グルクロノラクトン、ビタミンB群、コーヒー一杯と同じ量のカフェインを含む(80mg)。カフェインを含むため、タイ国内外で多量に服用した場合の危険性が指摘されている(ただ、多量の摂取をしなければとくに問題はない)。なお、日本で販売されているものに関しては、薬事法などによる規制のためタウリンが配合されておらず、炭酸飲料として販売されている。 また糖分の多さを解消したシュガー・フリー版は、海外では2003年に発売されている。レッドブルは100カ国以上に輸出され、栄養ドリンクとしては世界最大のシェアをもつといわれる。2005年には全世界で24億本(250ml缶に限る)が消費された(内、2億6000万本はイギリスで消費)。

ここでまた、前回の「トニックウォーター」と同じく、日本のレッドブルは、海外のそれと若干内容が違うようです。

ウィキペディアに書かれているように、薬事法により、日本のレッドブルはタウリンが含まれていないようです。ということは、当然日本以外の国のレッドブルにはタウリンが含まれているということ。シンガポールも然り。
DSC00175.jpg

100ml中、0.4%。つまり0.4g。1本250mlなので1g。イコール1000mg!
カフェインが0.03%。1本中、75mg。
メーカーさんもmg表記にするところがミソですね。「1000mg配合!」っていうのと「1g配合!」っていうのじゃ印象がかなり違います。
DSC00178.jpg

う~ん、タウリンはリポD並み、カフェインはコーヒー並み。体にいいんだか、悪いんだかよくわかりませんが、やはり飲みすぎはよくなさそうです。

~ウィキペディア(Wikipedia)より~
『レッドブルはカフェインを多く含むため、タイ国外で多量に服用したことによる健康被害が続出した。健康上の問題を重視したデンマーク、フランスなどでは、2004年まで同国内での販売を中止していた。またカナダでは2006年現在でも販売が禁止されている。発祥国タイではレッドブルを含め、すべてのスタミナ・ドリンクに「一日に2本以上の服用は危険です」の表示が義務づけられている。』

値段は、黄色い(金色)ほうのレッドブル・クラシックがS$1.10(約80円)、普通のがS$2.20(約160円)。日本よりはお得なようです。

シンガポールのクラブやバーには、レッドブルがよく置いてあります。ミキサー(ソーダやジュースのような割り物)の一つとして普通に使っています。

今日は上記写真の2本を飲んだので、タウリン2000mg摂取!危険です。おしっこがマッキッキ(黄色)になること絶対です。
Comment
≪この記事へのコメント≫
それって割り物に使うのが正しい飲み方?
私、先日コンビニで右の買ったけど、
相当甘くて不味かったですねぇ~。
2006/09/29(金) 09:24:28 | URL | セイラ #lO3nIXUQ[ 編集]
謎なドリンクだとは思っていましたが
けっこう危険だったんですね
日本のCMで「翼を捧げる!」って
やってますが、海外バージョンを飲んだら、本当に飛びそう。。
2006/09/29(金) 22:33:40 | URL | ユタ #-[ 編集]
日本で変なコマーシャルを最近流してるね
栄養ドリンクなのね
2006/09/30(土) 00:33:31 | URL | しもじょー #-[ 編集]
セイラさん>不味い?栄養ドリンクってこんなもんじゃない?

ユタさん>テレビでCMやってるんですねー。

しもじょー>しもじょーの好きな味かも。
2006/09/30(土) 13:33:44 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
飲んだときに普通のジュースかと思っていたんですよぉ。
だから、高いのに不味くてかなり驚いちゃった。
おしっこ黄色くなっちゃった??
2006/10/02(月) 11:46:28 | URL | セイラ #lO3nIXUQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。