上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「まず技術ありきだと思うんですよね。」

去年のワールド・カクテル・コンペティションの開催国はシンガポール。大会前夜、日本代表のTさんと、オブザーバーとして一緒に来星していた今年の日本代表Yさんと飲む機会がありました。これは、そのときにYさんが呟いた言葉。


『ハマの首領(ドン)、グローリーの宮内誠氏』

これを聞いた時、「あ、自分が思うバーテンダーにとってとって大切なものって間違ってないよなー。」と、何か心強さというか安心感を覚えたんです。

会話が面白いとか、客あしらいが上手いといった接客ももちろん大事だけれど、まずは”美味しいものをつくる技術”、これがバーテンダーの第一のアイデンティティーであり、求められているものだと思うんです。

極論かもしれないけど、接客第一だと、「別にバーテンダーじゃなくてもいいじゃん。」ってことになっちゃう。

美味しい鮨を握れる、美味しい焼き鳥を焼ける、美味しい天ぷらを揚げられる、美味しいワインを選べる、美味しいラーメンを作れる。これ第一でしょ。非常に切迫した位置に第二位の接客はあるけど、それは決して逆転しないと思うんですよね。飲食業の世界でいうと、こいういった技術がお客さんを納得させる”接客”ということになるのではないかと。


『帝国ホテルで20年以上勤められた、ルヴェールのオーナー、佐藤謙一氏』

我々の業界にもレジェンドバーテンダーといわれる大先輩達がいます。接客の達人といわれる彼等も、そのオーラは若い頃の血の滲むような技術の研鑽の上に成り立っているもののはず。

なんでこんなことを書いたかというと、今、日本人バーテンダーの需要が増えてきているとひしひしと感じるからです(シンガポールだけでなく)。特にレストラン。料理、ワイン、サービス、全て一流。その次に求められるのは、レストランに必ず併設されているバーの充実。お酒の知識はもちろん、美味しいカクテルをつくれるバーテンダーが求められています。それは、今流行の欧米のミクソロジストではなく、しっかりとした理論に裏付けされた技術を持った日本人バーテンダーです。


『毛利マティーニ、東京會舘流ステアの妙技、毛利隆雄氏』

これは決して欧米のバーテンダーがダメというわけではなく、詰めるとこをきちんと詰めるのが得意なのが日本人、ということです。もちろん、きちんとした自分のスタイル、理論を持った欧米のバーテンダーもいるとは思いますが、現状、日本のバーテンディングスタイルが世界で注目されているのは事実です。

10年前、雑誌「エスカイヤ」の企画で、銀座「テンダー」の上田和男さんが、ニューヨークのバーでシェーカーを振りました。どちらかというと、味よりも数をこなすこを求められてきたニューヨークのバーテンダーは、上田さんのカクテルをつくる所作の美しさ、正確さ、迫力に、客たちは、今までに飲んだことのないクオリティーの高いカクテルに驚愕。

これは、日本人バーテンダーの技術を、世界の最先端といわれるニューヨークでジャパニーズ・バーテンディング・スタイルとして人々に認識させた画期的な企画だったと思います。


『ハードシェイクを世界に知らしめた、上田和男氏』

もともとの職人気質と外国のカクテル、洋酒事情の情報不足が、良い形でガラパゴス化。その結果、世界に誇るカクテル調整技術が構築されたのです。

あれから10年、我々日本人バーテンダーが世界に飛び立つ時が確実に来ています。

あー、英語勉強しないと・・・、ホントに。
Comment
≪この記事へのコメント≫
小気味いいんだよナァ~
・・・・・喉ゴックン!
2011/09/28(水) 15:22:22 | URL | きーまお #L8AeYI2M[ 編集]
私ごときが言うのもなんですが、おいしくいただけるというのが第一というか。
技術なし接客アリは無いと思うし、技術あっても接客NGも無しだと思うなぁ。

むすっとして作られる(真面目な顔とは違う)カクテルが、おいしそうに感じるかどうか?だと思うんですね。
2011/09/28(水) 20:48:59 | URL | しょう #-[ 編集]
きーまおさん>シンガポールに来てから、ほとんどビールとワインしか飲んでないです。

しょうさん>おっしゃるとおり。接客NGなのは論外です。技術があればそれでいい、ということではなく、バーテンダーとしてまず何ありきか?ということです。もちろん、バーテンダーが10人いたら10通りの考えがあるとは思いますし、何が正解というのもないとも思います。おいしそうに感じさせる、これ技術がないとできないです。横浜のバーで飲みたいですー。
2011/09/29(木) 12:08:22 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
初めまして、元・在星とはいえ約30年も前ですが子供時分に駐在員親の下、シンガ暮らしをしていた者です。来月連休にちょっとだけ訪星します。「ミトラーホテル」で検索していたら此方に辿りつきました。ここの掲示板でChiiChiiさんのミトラーホテルの記事貼らせて頂きました、問題あれば仰って下さい^^;(事後承諾な形になってしまい申し訳ありません)http://ajamin05.bbs.fc2.com/

今は結婚で関西の片田舎在住の身ですが関東暮らしも長かったので、今はお亡くなりですがNBA八王子支部長が居る正統派バーにたまたまご縁があり数年通っていました。その方IBAマイスターバーテンダーなる称号だかお持ちの知る人ぞ知る御仁(白髪の素敵な職人気質のお爺ちゃんバーテンダーでした)で、それはそれは素晴らしいスタンダードショートカクテルの数々を頂けたものです‥その方が審査員やるからというので(確か)京王プラザホテル等で開催のNBAカクテルコンペティション大会見学も何度か行きました。参加当時、私は単なるお酒好きの小娘でしたけど(今もただの酒好きなオバチャンですが)日本人バーテンダーさん方の技術力は凄いと感心する事しきり‥。ブログトップ写真から察するに行った事は残念ながらまだ無いのですがマジックが名物と聞く某ホテルのバーの方‥ですよね?来月訪星は3日間位と短いので行けるかどうか未定ですが、今回は一人旅ですけど年一度ペースでお酒好きな夫と訪星しているので、いずれお伺いできればと思っております^^
2011/09/29(木) 17:23:05 | URL | 雪 #FiPkFC0s[ 編集]
ご無沙汰です。
極めて賛成です。餅は餅屋ということで飲食やサービス業に限らずどんな仕事でも技術がまずありきというプロ精神は普遍と思います。

で、最後にご挨拶したかったのですが時間があわず申し訳ありませんでした。新しいところに一度いってみたいのですが激混みで予約なしでは少人数でも難しいですか?
2011/09/29(木) 18:53:56 | URL | RIMOWA #-[ 編集]
雪さん>記事の件、全く問題ありません。京王プラザは技能競技大会・関東大会の会場でよく使われていましたね。懐かしいです。実は、私、先日職場を変わりまして、現在はマリーナベイサンズのほうにおります。

RIMOWAさん>連絡ください。予約の件はねじ込みますので。予約なしだと、ちと厳しいです。
2011/09/30(金) 13:19:47 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。