上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セミファイナルに進めるのは、上位12名。お昼ごはんの後結果発表。残るか、残らないかこのこの時点ではまだわからないが、次の競技の準備もしておかなければならない。

デコレーションにバジルの葉を使う浅倉さん。用意されていたものが、あまり状態の良くないものだったので、セミファイナルに備え新しいものが欲しいとのこと。そこで、お昼を食べに行くついでに、キッチンの人に言って、少しわけてもらいうことに。

メインダイニングのマネージャー(40歳前後の女性)に、「バジルを少しわけてください。彼はWCCのコンペティターで、カクテルの飾りにそれを使うのです。」とかなりあやしい英語で言うと、「そういった用件は、この人を通して下さい。」、と大会運営者の名前を書いたメモを渡し、ぜんぜん取り合ってくれません。(後から思うと、大会中のそういった用件は個人で処理してしまうとややこしいことになるから、全て彼のとこに連絡を、というお達しがでていたのでしょう。)

「100束も200束もくれって言ってんじゃないんだから、いいじゃん。ケチッ!」と思いつつ大会運営者を探しに行くことにしました。その途中、ABSの役員エリス(Ms. Elise)を発見。ちなみに、彼女は1994年のWCC東京大会のシンガポール代表選手。

「エリス、アツシがバジルの葉欲しいって言ってんだけど、メインダイニングのマネージャーがくれないんだよね。(メモを見せて)この人のとこ行ってからにしろって。お昼ごはんの後すぐ結果発表だし、準備もしなきゃいけないから、あんまり時間ないんだけど。」

「わかった、ワタシが交渉してあげる。」、再びメインダイニングへ。

エリス、マネージャーを呼び出し交渉。バジルの葉を渡すのをかたくなに拒むマネージャー。「アンタじゃ、話にならないわ。シェフを呼びなさい!」、「だからそういう問題じゃないんです!マダム!」、テンションの上がる2人。なんかヤバイ雰囲気・・・引き始める自分達。

浅倉さん、「ちい、オレもうバジルいらねーよ。だからエリスに、『もういいです。』って言ってくれよ。」、んなこと言われても今の2人の間に割ってはいることなんか自分にはできませ~ん。

メインダイニングにはぞろぞろと昼ごはんを食べる人たちが集まり始めています。遂にエリス、ブチ切れ!ヤバイ、ガチンコファイトクラブ状態!皆注目しちゃってんじゃんよ~。エリスも実はホテルウーマン。マネージャーの対応に、同じホテルウーマンとして納得がいかなかったのでしょう。

今にも手が出そうな状態(2人がね)のなか、なんとか2人を引き離す。その後、大会運営委員長がちょうど昼ごはんに。エリスが事情を話すと、すぐにキッチンから新鮮なバジルを、持ってきてくれました。エリスの勝ち~。シンガポーリアンの底力を見ました。

「万全な状態で競技に望みたい。ワタシも昔コンペティターだったから、あなた達の気持ちはよくわかるの。それに対してはもちろん協力するわよ。」とエリス。

お昼を食べ、改めてスタンバイの後、会場へ。つづく。
Comment
≪この記事へのコメント≫
なかなか大変ですね~。
もう少しで「天地連攻」が出るとこでしたね(笑)

そういえば、「水月」でのモップがけをご教授いただいたのを、最近思い出しました(笑)

あの1年後、私も後輩に同じことをしましたよ(爆)
2006/10/31(火) 14:34:45 | URL | ヒットマン #-[ 編集]
ヒットマン>「水月」でのモップがけ?一瞬何のことかわからなかったけど、思い出しました(一人笑いしちゃいました)。若気の至りということで、許してチョ。
2006/10/31(火) 16:48:56 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。