上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10代の頃、居酒屋でよく飲んでいたのがモスコ・ミュール。もちろん当時はどういったカクテルかは知るはずもなく、甘くて飲みやすいし、名前もなんだか洒落てるな、といった理由で愛飲していました。

15オンスくらいの酎ハイグラスに並々と注がれた薄緑色の液体は、ガキンチョだったのワタクシに大人の雰囲気を十分感じさせてくれる飲み物でした。今思うと、甲類焼酎か何かを、ただジンジャー・エールで割っただけ程度の代物だったような気がします。
DSC01146.jpg

【レシピ】
▼モスコ・ミュール Moscow Mule
 
 ・ウォッカ   45ml
 ・ライム・ジュース   15ml
 ・ジンジャー・ビア   適量

ウォッカとライム・ジュースを氷を入れたタンブラーに注ぎ、冷やしたジンジャー・ビアを満たす。スライス・ライムを飾る。季節なら、ミントの葉を飾ってもいい。
※Muleは、ラバのこと。キックの強い飲み物の意味もある。ライム1/4個をタンブラー(またはマグ)の上で絞り、そのまま皮をグラスに落として入れる方法もある。ジンジャー・ビアの代わりにジンジャー・エールを使うこともある。~NBAオフィシャル・カクテルブック~

▼Moscow Mule Cooler
 
 2oz, Vodka
 1dash Lime Juice
 Add 2lumps of ice, serve in long tumbler and fill with Ginger Beer.
 Decorate with a slice of lime and a sprig of fresh mint ~The Savoy Cocktail Book~

【モスコ・ミュール物語】
1941年、ハリウッドのCock'n Bull barのオーナー、ジャック・モーガンと、ヒューブライン社のジョン・マーティンは、ロス・アンジェルスのとあるバーで出会った。

当時モーガンは、「ピムズ・No.1カップ」とういカクテル用にジンジャー・ビアを仕入れたが、このカクテルがさっぱり売れず、大量のジンジャー・ビアが在庫として残っていた。一方マーティンは、自社の取り扱い製品「スミノフ・ウォッカ」の販売網拡大に頭を悩ませていた。

出合った二人は一計を投じる。スミノフジンジャー・ビアで割った「モスコ・ミュール」を考案。また、銅製のマグカップの在庫を大量に抱えているという、彼らの女友達も合流。そのマグに入れて提供することに。

ここからの彼らの宣伝方法が面白い。まずバーに行きモスコ・ミュールをつくらせる。そこで、持ってきたポラロイド・カメラで記念撮影。バーテンダーとモスコ・ミュールの写った写真を2枚撮る。1枚はバーテンダーへ、もう1枚は自分たちでキープ。

次のバーでも、モスコ・ミュールを注文。バーテンダーが「そんなの知らん。」というと、「え?知らないのコレだよ!モスコ・ミュール、流行ってるんだぜ!」と、前の店でとった写真を見せて説明。そこでまた2枚の写真を撮り、次のバーへ。また同じやり取りを。

こうして、さも大流行しているかのように演出されたモスコ・ミュールは、本当に流行しはじめ、1950年頃にはスミノフの出荷量を倍以上伸ばし、現在では日本の居酒屋でもオン・メニューされるほどのスタンダード・カクテルとなったのであります。

【マイ・レシピ】
このカクテルの特徴は、やはり銅製のマグカップに演出される涼しさと、ジンジャーの風味、Muleの意するガツンという強さにあると思います。ただ、シンガポールで販売されているジンジャー・ビアは、若干ケミカル臭がするので、オリジナルには反しますがジンジャー・エールを使用しています。
DSC01124.jpg

また、ウォッカはショウガのフレーバーを効かせるために、スミノフにショウガを漬け込んだものをベースに使っています。

なんだか10代の頃、居酒屋さんで飲んでいたものとは、ずいぶんと違ったものになってしまいましたが・・・。今でもオーダーが入り、マグカップを取り出すとき、フッとあの時の甘く優しい薄緑色のモスコ・ミュールを思い出します。背伸びしてたんですね~。
Comment
≪この記事へのコメント≫
背伸びしてたよねあの頃はさ・・・
あんたが合宿で酔いつぶれ、苦手なメロンを食い、その後トイレで寝込んだことを思い出したよ(爆)
変なスペシャルドリンクをよく飲まされたよね・・・
2007/01/16(火) 08:52:39 | URL | しもりーぬ #-[ 編集]
しもりーぬ>あったねー、そんなことが・・・。夜、部屋で飲んじゃってね、宿の調理場忍び込んで、冷蔵庫の中から勝手にビール持ってきちゃったりしてね。

ビールの日本酒割りにツナや何やらの缶詰入ってる飲まされたなー。なぜか、揚げ玉とか浮いてたなー。
2007/01/16(火) 12:04:06 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
私も前は生姜をウォッカに漬け込んで使ってたのですが、スミノフでは回転が遅いので、500ml瓶のストリチナヤを使用。
それでも、お客様の選択肢や嗜好が多様化した今はモスコのオーダー数も減ってることに気付いて、生姜ウォッカやめちゃいました。

ちいちいさんの日記見てたら、また生姜ウォッカで作りたくなってきちゃった…
2007/01/16(火) 14:24:28 | URL | 幸姫 #-[ 編集]
幸姫殿>うちもメチャクチャでるわけではないんですけど。何人かファンがいまして、その方たち用につくってるみたいな感じです。
2007/01/17(水) 14:05:06 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
こんばんは(^^)
モスコ ミュールは確かに10代のころはどこに行っても飲んでいました(^^)でも最近は飲んでいませんねーf(^^);銅製のマグカップが飾っていたら、飲んでみたいと思います♪
2007/02/12(月) 19:31:21 | URL | nao. #-[ 編集]
nao.さん>是非、お試しください。
2007/02/13(火) 16:44:04 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。