上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シンガポーリアンは、自分のミスをなかなか認めようとしません。先日も、こんなことがありました。

お客さんのキープ・ボトルを取りに裏へに行くと、ゴミ箱に割れたロック・グラスが一つ捨ててありました。「ん?どの形のロック・グラスがいっちゃったのかな?」と思い、手にとって見ようとした瞬間、洗い場でグラスを洗っていたスタッフが、いきなり振り返り「ノット・ミー!(私じゃないわよ!)」

うちの店は3人のウェイトレスがいて、日替わりで立ち位置が変わります。ホール2人に洗い場1人。グラスを洗うのは日に担当になった1人で他の人間が洗うことは基本的にありません。

そのスタッフは続けざまに「私が割ったんじゃないの。ここ(シンク)に置いてあった時には既に割れてたんだもん。だから、私のせいじゃないの!」とまくしたてました。

「ポルターガイストじゃあるまいし、グラスが勝手に割れるわきゃねーだろ!それに洗い場には、お前しかいねーじゃねーか!」と反射的に突っ込みを入れたくなるような、素晴らしい言い訳です。日本人には理解不能です。

というか、グラスを割ること自体は別にいいんです。グラスなんて割れる物だし。皆、割りますから。ただ、個数を把握しておきたいので、割ったら報告してくれ、と。

「あっ、ごめんなさい。ロック・グラス1個割っちゃいました。すいません。」

ただこれだけでいいんだけどなぁ~。そうすれば、自分だって「手、切らなかった?大丈夫?気を付けてね。」の一言でも掛けますよ。

どうせツッパルなら、もう少し違うとこでツッパッテください。ポイントずれてますから~。
Comment
≪この記事へのコメント≫
そんな野郎はいきなり無言ではったおせ!!
2007/01/25(木) 17:58:00 | URL | しもりーぬ #-[ 編集]
謝らない、のと匹敵する腹立たしいシリーズは、謝るべき立場なのに、『never mind』とかいわれると怒りが100倍になります。
2007/01/25(木) 19:53:24 | URL | RIMOWA #-[ 編集]
わかる・・・
某引越屋に勤めてたころ、ポーリアンのパッカーと仕事したとき、こんな奴いました。

幸いお客様は許してくださいましたが・・・。

一応お客様や、ほかのパッカーが見えないところで、叱り飛ばしたもんです。
2007/01/25(木) 20:38:21 | URL | Yangping #-[ 編集]
しもりーぬ>残念ながら野郎じゃないから、はったおすわけにもいかんのよねー。

RIMIWAさん>出た!「ネバー・マイン・ラー」攻撃。シンガポーリアン対シンガポーリアンの場合、やはり言われた方は「コイツ、腹立たしい!」と思うのでしょうか?それとも、あまり気にならないのでしょうか?

Yangping>叱っても、治らないような気がするなー。こういうのって。
2007/01/26(金) 04:06:21 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
可愛げないですねぇ。
でも、ポルターガイストなら面白いのに。
2007/01/26(金) 10:50:46 | URL | セイラ #lO3nIXUQ[ 編集]
そうですね。
すぐに謝ってくれればいいのにどうしてなんでしょうか?
欠勤しても平然としている人もいるのは不思議です。
2007/01/26(金) 17:18:46 | URL | けにち #F//.In9o[ 編集]
良く分かります!
貴方の気持ちよくよく分かりますヨ、もって行き様の無い腹立たしさ!

今度一緒に呑みましょう。

所でお店はカッページの裏の方??
2007/01/27(土) 08:56:51 | URL | aleck #-[ 編集]
シンガポーリアン
色々大変ですね。そんな中でも、たまにタイプがいたりして。小生も前回シンガポールに行ったとき、仕事の相手で好みの子がいました。ただ、苗字の「Regina Ng」という娘でしだが、苗字は最後まで発音できませんでしたが、、、陳さん、教えて!
2007/01/27(土) 20:29:38 | URL | デューク“13番”モロ #-[ 編集]
セイラさん>可愛げないです。マジで。

けにちさん>金曜、土曜も平気で休みます。責任感がない、というかマイペースというか、そういう国民性なのかもしれません。

aleckさん>どうも。もう既に何度も飲んでいたりして・・・。今度は自分もカウンターの外で。

デューク“13番”モロ>「レジーナ・ング」と読みます。・・・ウソです。陳さんに聞いてください。今度はいつシンガポールへ?
2007/01/28(日) 13:27:22 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
どっちもどっちだな~
うちの店の同僚はグラスや備品を壊した時、オーナーに対して一応「すみません」と謝るもののヘラヘラ笑って謝るものだから、オーナーから「おまえ、真剣に御免なさい、って思ってないだろ!!(怒)」と突っ込まれ、またその突っ込みをまともに聞く間もなく被せるように「あーすみません、すみません、どうせ弁償すればいいんですよね!」と逆ギレし、オーナーと2人、そのセリフを聞いて唖然としてしまいました。

そんなことが数回続くうちに、どれだけ壊そうが弁償してくれるならほかっておけばいいや、とオーナーも諦めたらしく、今や完全野放しです。

2007/01/30(火) 05:10:09 | URL | 幸姫 #-[ 編集]
幸姫殿>弁償すればよい、という考え方もちと問題ですねー。
2007/01/30(火) 15:14:41 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
国民性の問題とは言えど・・・・。
己の非を認めないのはどうかと・・・。

欧米でも
「Thank you」 と 「Sorry」は
幼い頃からきちんと叩き込ませるそうです。

感謝する事と謝る事は、人間関係を
円滑にするには基本的な事なんだけどね。。。


2007/02/11(日) 20:58:28 | URL | 流香 #-[ 編集]
流香さん>「Thank you」は、いいんですけどミスを犯したとき「Sorry」は、まず使いませんね。とにかく第一声は「because」。30秒で済むことが、5分にも10分にもなります。フゥ~。
2007/02/11(日) 23:42:26 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
becauseが第一声ねぇ・・・。

私もシンガポーリアンのその感覚、理解できません。。。

国民性の違いって、なかなか埋められないもの
なのだという事を、改めて感じます。。。
2007/02/12(月) 21:22:40 | URL | 流香 #-[ 編集]
流香さん>ある程度、妥協するしかありません・・・。
2007/02/13(火) 16:46:00 | URL | ChiiChii #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
SEO対策 < カクテル , バーテンダー , シンガポール >
Designed by aykm. Copyright ©在星バーテンダーの日記(カクテル&海外生活) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。